2017年01月13日 16:50

今年もてんこ盛り!? 五代友厚スタンプラリーと特別プログラムの開催!!

 あけましておめでとうございます、りょく吉です!ご挨拶が遅くなりましたが、関西の松の内は一般的には1月15日までとか。皆様はどんなお正月を過ごされましたか?

 

 さて、2017年がスタートし、今年も大阪企業家ミュージアムは皆様にてんこ盛りの企画をお届けしていきます!

 前回ブログで、2月12日(日)~同18日(土)に実施する「五代友厚 生誕記念無料ウィーク」(http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201612/D25170212015.html)のご案内をしました。このたび、同期間に今年も、大阪取引所と大阪商工会議所 大阪企業家ミュージアム共催の「五代友厚スタンプラリー」を実施することが決定しました~!(パチパチ~!!)

http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201701/D25170212022.html

 

 五代友厚は大阪株式取引所(現・大阪取引所)の設立発起人であり、大阪商法会議所(現・大阪商工会議所)の初代会頭を務めたことから、この2つの機関はある意味、兄弟のような存在です。そうしたことから、「五代さんのお誕生日に何か一緒にやりましょか~」という気運が生まれ、昨年からスタンプラリーを始めました。

 

 今年は、両施設のスタンプを集めた先着1000名様に「五代友厚オリジナル缶バッジ」を進呈します!

 さらに、期間中の特別プログラムとして、2月13日(月)に当ミュージアムの宮本又郎館長による講演会「近代大阪の礎を築いた五代友厚」、2月18日(土)は五代さんも裏方として力を尽くした「大阪会議」開催の場である料亭・花外楼の女将 徳光正子氏のお話と昼食を楽しむ「花外楼と明治の群像~五代友厚が生きた時代~」を開催します。

(宮本館長講演会 http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201701/D25170213012.html

(花外楼・徳光氏 http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201701/D25170218017.html

 皆様のご参加をお待ちしております!

 

 昨年はたくさんのお客様にお越しいただいたスタンプラリー。期間中は入館無料で、普段は休館している日曜日(2月12日)と月曜日(2月13日)もご見学いただけますし、「特別展示 五代友厚」も開催します。昨年、クリアファイルをゲットされた方は、今年の缶バッジもぜひぜひ!スタンプラリーで五代グッズを集めて、一緒に盛り上がりましょう!

スタンプラリーチラシ.JPG

投稿者 museum | 16:50

2016年12月27日 13:57

2017年も大阪企業家ミュージアムでお会いしましょう

 2016年もいよいよ押し詰まって参りました。皆さまも仕事納めに向け、慌ただしくお過ごしのことでしょう。りょく吉は恒例の「全日本フィギュアスケート選手権大会2016」をしかと見届け、あとは仕事をもうひと踏ん張り、頑張ろうと思っています。

 

 さて、大阪企業家ミュージアムでは2017年の年明けから、講演会やイベントを予定していますが、特にいち早くご案内したいのは、昨年度もたくさんのお客様にお越しいただいた「五代友厚 生誕記念無料ウィーク」です。2月12日の五代さんの誕生日に因み、2017年2月12(日)~18日(土)の期間中は、入館無料でご見学いただけます。

(詳細 http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201612/D25170212015.html

 

 普段は休館している日曜日(2月12日)と月曜日(2月13日)も開館するほか、合わせて「特別展示 五代友厚」も開催しますので、「前回も行ったけど、お客さんが多すぎてゆっくり見られなかったわ...」と思っていらっしゃるそこのあなた、この機会にぜひご来館ください!

 

 まだここではお伝えできない企画も現在計画中ですので(笑)、松の内を過ぎましたら、大阪企業家ミュージアムのホームページ(http://www.kigyoka.jp/)をちょくちょくチェックしてくださいね!

 

 これで本年最後のブログとなります。当ブログをご愛読いただいた皆さま、この一年、本当にありがとうございました。どうぞよいお年をお迎えください。そして来る年も、大阪企業家ミュージアムでお会いできますことを楽しみにいたしております。

投稿者 museum | 13:57

2016年12月22日 16:49

イルミネーションから連想する企業家たち

こんにちは。あお吉です。

イルミネーションがきれいな季節になりましたね。

夕刻、本町駅から淀屋橋駅に向けて御堂筋を北上。金色、青色にきらめくの御堂筋が楽しめます。

 

帰宅途上の会社員以外に、イルミネーションを楽しみに歩いていると思われるグループもいて、ちょっとした賑わいになっています。大阪市役所とその周辺もきれいに電飾されているようですが、あお吉は、人混みが苦手で遠目に見るにとどめているところです。

 

イルミネーションを見て、あお吉が思い浮かべるのは、パナソニックの創業者・松下幸之助氏と大林組の創業者・大林芳五郎氏。いずれも明治36(1903)年に、大阪天王寺で開催された第5回内国勧業博覧会と関係がある企業家です。

 

日本で開催された博覧会で、初めてイルミネーションを導入したのがこの時。夜間開場が行われ大いに賑わったそうです。当時、電灯会社に勤務していた松下幸之助氏は、会場の電飾工事にたずさわり、大林芳五郎氏は、博覧会会場の会場施設工事を手掛けています。当時の人たちも、きらめく会場の散策を存分に楽しんだのだろうなと思います。

 

その他、観光名所となっている道頓堀のグリコの看板もありますね!このグリコネオンも、江崎グリコの創業者・江崎利一氏の創意工夫です。現在、6代目で、初代は昭和10(1935)年に遡ります。

 

今は当たり前になっている風物詩には、企業家ミュージアムで紹介している企業家たちの活躍も関係していることがあるかもしれません。

 

ミュージアムの展示やデジタルアーカイブ、書籍などから、企業家たちの創意工夫やチャレンジを知っていただき、今の当たり前の原点を探していただくのもおもしろいと思います。様々な楽しみや発見に企業家ミュージアムをご活用ください!

投稿者 museum | 16:49