2016年12月03日 15:51

"老舗"に関する連続講座を開催します!

大阪の「止めの祭」で知られる道修町の神農祭(11月22日、23日)に行ってきました。

勤労感謝の日の夕方に訪れたのですが、少彦名(すくなひこな)神社の境内は入場制限・・・。      道路を隔てたところに建つ重要文化財旧小西住宅の前で並んで待つことになってしまいましたが、    無事、参拝。無病息災のお守りで、張り子の虎のついた笹も買うことができました。

クリスマス、大晦日、お正月・・・あっという間に2017年を迎えることになるのだろうなぁと         やや焦り気味のあお吉です。

 さて、年明けの1月25日(水)から3回連続で老舗企業の皆さま方からお話を伺う講座を開催します! 第1回目にご登場いただくのが、道修町にも縁がある荒川化学工業さんです。140年の歴史を持つ   同社の創業者・荒川政七氏は、道修町の薬種問屋へ奉公に出て、伏見町で生薬商「玉屋」を開業しています。

生薬からロジン(松やに)へ、そしてニッチケミカルへ!同社の変貌の歴史や、その変化の中で企業経営の舵取りをしてこられた末村相談役のチャレンジや創意工夫についてお話を伺います。解説には、10年にわたり約1000社の老舗企業を取材して来られた老舗ジャーナリストの前川氏にご登場いただきます。

大阪のど真ん中で、時代の変化に対応し、100年を超えて事業を継続してこられた企業のお話には、 現在の変化の激しい時代を生き抜くためのヒントがたくさん隠されているのではないかとあお吉は思います。 ぜひ、ご参加いただき、ヒントを探していただければと思います!ご参加をお待ちしています。


【ご案内】

<第1回>1月25日(水)18:00~19:30

生薬からロジン(松やに)へ、そしてニッチケミカルへ                               「永続の秘訣は、"大家族主義"」

荒川化学工業株式会社 相談役 末村 長弘 氏

http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201611/D25170125018.html

 

<第2回>2月1日(水)18:00~19:30

下げ札・漆看板製作からビジネスエンジンカンパニーへ                             「受け継がれるヤラカス舘魂"大きいせんでもええから つぶすなよ"」

株式会社ヤラカス舘 会長 中許 忠和 氏

http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201611/D25170201019.html

 

<第3回>2月8日(水)18:00~19:30

錫中心の金物商から非鉄金属専門商社へ                                     「自動車・宇宙・航空機産業に到達するまでの遠大な道程」

井澤金属株式会社 取締役会長 井澤 武尚 氏

http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201611/D25170201026.html

投稿者 museum | 15:51

2016年11月25日 20:07

アサヒビール・鳥井駒吉さんの「ゆかりの品」追加です!!

こんにちは、あか吉です。

東京都心では11月としては54年ぶりに初雪を観測したなど、紅葉の季節が吹っ飛ぶほどの寒さですが、皆さま風邪などひかれておられないでしょうか?

あか吉はただでさえ猫背(猫ですから・・・(笑))なのに、この寒さでより一層背中が丸くなってきています(大笑)。

 

さて、12月を目前に控え、大阪市内のデパートではお歳暮商戦まっさかり。最近では残暑が続く10月にはお歳暮商品満載のカタログが配られ、まだまだ今年のままでいたいのに(笑)、年末、そして来年へと気持ちばかりが焦ってしまいます。

 

お歳暮の由来は新年に神様にお供えする品物を暮れに本家に納めたことなどによると言われています。江戸時代から始まったとされていますが、今ではまさしく言葉のとおり「歳(とし)」の「暮(くれ)」に1年間お世話になった方々に感謝の意を表する恒例行事となっています。

 

あか吉が頂戴して嬉しいお歳暮は「ビール!」です(催促しているわけではありません(笑))。普段発泡酒を愛飲しているあか吉にとって、各社が競ってお歳暮商品として出している限定ビールはまさしく垂涎の的。普段店頭では見れないようなゴージャスなラベルを眺めながら、暖かい部屋でギンギンに冷やしたビールをいただくのは至福のひと時であります。

 

さて、このたび展示企業のアサヒビールさんのゆかりの品を追加していただきました。明治から大正時代、大日本麦酒時代に贈答用ビールに使われていた「丸函」(まるばこ)です。

 

DSCN0931.jpg

 

 当時のビールは缶ではなくてビンビール。運搬には松材の函(はこ)が使われ、ビンがぶつかって割れないように一本ずつ藁苞(わらつと)に包んで48本をひと箱に入れて出荷していたそうです。展示しているのは、贈答用の半ダース(6本)入りの化粧函。しっかりした木箱の蓋には「波と朝日」のマークが刻まれており、純国産を標榜し「日出ずる国に生まれたビール」を世に出そうとした創業者・鳥井駒吉さんの熱い思いが伝わってきます。

 

今は手軽に飲めるビールですが、ひとビンひとビン大切に包まれ届けられていたころに思いを馳せながら頂くと、より一層味わい深いものになります。

 創業者たちの思いがこもったゆかりの品。ぜひご見学にお越しください。お待ちしております!

投稿者 museum | 20:07

企業家ミュージアム ★メールマガジン★ 第90号

>>2016年11月22日(火)発行<<
          
 皆さん、こんにちは!
 さて、「企業家ミュージアム メールマガジン」第90号は、当面の催し物の
 ご案内です!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】 好評開催中! 
     特別展示:明治・大正・昭和、激動の時代を駆け抜けた女性企業家
                 ~鈴木よねと広岡浅子~ 

【2】 各回参加ができます!
     連続講座:2016年度『講座・企業家学』11月講座

【3】 2017年1月5日開催 大阪府内の教員対象特別企画! 
     大阪の企業家ヒストリー
      
【4】 内定者研修や新入社員研修にもご利用ください!
     団体見学利用のご案内


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】 <好評開催中!>2017年1月31日(火)まで

     明治・大正・昭和、激動の時代を駆け抜けた女性企業家
            ~鈴木よねと広岡浅子~     

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「お家さん」として鈴木商店を守り抜いた鈴木よね、そしてNHK連続テレビ小説
 「あさが来た」で一躍その名を知られた大同生命創業者の一人である広岡浅子。
 明治・大正・昭和にかけて、関西において企業家として名を残した2人の事績を
 パネルと写真で展示し、企業の発展にさまざまな形で貢献した女性たちの姿を
 紹介します。

 開催期間:2017年1月31日(火)まで
 場所: 大阪企業家ミュージアム
 料金: 大阪企業家ミュージアム入館料(大人1人300円)に含みます

 ▼詳しくはこちら
  http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201609/D25161011016.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】 11月26日(土)、12月3日(土)開催!

     2016年度『講座・企業家学』11月講座

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 「企業家研究フォーラム」(会長:沢井実南山大学教授)と連携し、今日の基盤
 を築いてきた企業家にスポットをあてて解説する連続講座。

 11月は<関西に根ざした企業家>をテーマに、関西で特徴ある経営を実践して
 きた企業家たちの軌跡について、斯界のご専門の先生方からお話を伺います。5
 回連続で開催してきた本講座も残すところあと2回。各回でお申込みが出来ます
 のでぜひご参加ください。 

 ▼詳しくはこちら
  11月26日(土)
  <第9回>老舗の覚醒~大倉恒吉(月桂冠)のFilling Power
  http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201603/D25161125010.html

  12月3日(土)
  <第10回>世界最古の企業 金剛組の事業承継と組織構造
          ~25代重則から40代正和まで
  http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201603/D25161203015.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【3】 大阪府内の教員対象特別企画!2017年1月5日(木)開催
     大阪の企業家ヒストリー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 大阪府教育センターの「大阪府教職員自主研修支援事業」と連携し、大阪府内
 の小学校、中学校、高校および支援学校等の先生方を対象にオープン講座「大
 阪の企業家ヒストリー」を1月5日(木)に開催します。
  
 大阪で活躍した企業家の事績を通して「働くこと」「生きること」の素晴らし
 さ、そして「大阪」の魅力を先生方にご紹介し、ぜひ学校での地域教育やキャ
 リア教育等にご活用いただければと思います。ご参加、お待ちしております。

 ▼詳しくはこちら
  http://www.kigyoka.jp/pdf/280115his.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【4】 内定者研修や新入社員研修にもご利用ください!

     団体見学利用のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 「展示だけではちょっと難しい」「もっといろいろなエピソードを知りたい」
 といったご要望におこたえし、企業家ミュージアムでは、団体でご見学いただく
 お客様には、スタッフが無料でご案内をしています。
 
 内定者や新入社員の方々に、「仕事とは」「働くとは」を考えていただく場とし
 ても最適です。

 貴社の各種研修に、団体見学をぜひご活用ください。
 (スタッフによる案内は、原則、10名以上から。事前にご予約下さい)
 
 ▼詳しくはこちら
  http://www.kigyoka.jp/seminar/inspection.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■編集後記■

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 行楽シーズンですね。美術館・博物館巡りに良い季節ですが、「関西文化の日」
 は、皆様方には大いに活用されたのではないでしょうか。当ミュージアムでは、
 通常閉館している日曜日も開館し、19日(土)と20日(日)で300名を
 超えるお客様にお越しいただきました。ありがとうございました。また、学校
 では遠足、社会見学のシーズンで、この11月はたくさんの子供たちが来館し
 てくれています。様々な方に、様々なきっかけで、企業家精神に触れていただ
 き、元気に活躍していただければと思います。ご来館をお待ちしています!
  
 なお、ミュージアムへのご意見・ご希望等がございましたら、下記メール
 アドレスまでお寄せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ▼バックナンバーはこちらの「月刊アーカイブ」をご覧ください
  http://blog.kaigisho.jp/museum/

 本メールは、大阪企業家ミュージアムが主催するセミナー参加などを通じ
 てメールアドレスをご提供くださった方々にお送りしております。
 今後、こうした情報提供が不要である場合は、その旨、このメールの返信
 にてお知らせください。

※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※
 【発行日】  2016年11月22日
 【発行元】  大阪企業家ミュージアム
         電話 06-4964-7601
         FAX   06-6264-6011
         e-mail  museum@osaka.cci.or.jp  
         http://www.kigyoka.jp/
※━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※

投稿者 museum | 08:59