2009年5月20日

関西財界訪中団 ~北京の春の風物詩「柳絮」

4月12日~15日、大阪商工会議所は関西の経済8団体とともに「関西財界訪中代表団」(共同団長=野村明雄大商会頭、下妻博関西経済連合会会長)を中国・北京へ派遣しました。(私は事務局として参加しました。)

派遣結果概要は大商ニュース4月25日号でご報告したところですが、そのほかのこぼれ話をパンダ日記でご紹介したいと思います。

北京入りした日曜午後は公式行事はなかったので、バスで市内見学に出かけたのですが、ちょうどこの日、北京の春の風物詩「柳絮(りゅうじょ)」という柳のタネの白い綿毛がたくさん舞っていました。

写真で全面に白い綿が飛んでいるのが見えるでしょうか?

090412beijing.JPG

1年でもこの柳絮が飛ぶのは、わずか数日。久しぶりにみました。

北京に駐在になって、初めて柳絮を見た時、まるで大きな綿雪が降ってくるような光景に、「ロマンチック~!」と感激したのですが、実際に触ろうと外に出ると、口に入るわ、鼻に入るわと結構厄介で、感激は一瞬で消えました・・・。窓越しに見るくらいがちょうどいいです。

こちらはお馴染み、オリンピックスタジアムの「鳥の巣」。間近にみると、大きかったです。北京オリンピックの感動を思い出しました。
OlympicStadium.JPG

個人的には2年ぶりの北京訪問でしたが、あまりの町並みの変貌に、ただただ驚きました。

のっぽパンダ

投稿者 panda | 2009年5月20日 09:05


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。