2009年7月17日

北東アジアセミナー「中国東北部と朝鮮半島」

 7月8日、北東アジアセミナー「中国東北部と朝鮮半島~近未来の成長点を目指して」を開催しました。

 講師は新潟県にある財団法人環日本海経済研究所(ERINA)の三村研究主任。朝鮮半島問題とは何か、どのように解決されるのか、解決された後の北東アジア地域のビジネス環境はどうなるのかなどについて、熱のこもったお話をいただきました。

P1000087.JPG

 私が興味深かったのは、長期的に中国東北地方と朝鮮半島の経済統合が進み、かつインフラ(高速鉄道)が整備されれば、瀋陽(遼寧省)~ソウルの移動は3時間半、北京~ソウルは6時間半で、EUのような経済圏になる、というお話でした。EUと同じように気軽に行き来ができるようになると、ビジネス環境は大きく変わり、発想の転換に迫られます。

 参加者のみなさまからも、「国際政治的な視点と経済的な考察がうまくバランスされて、聞きやすかった」、「興味深い分析、また貴重な情報を提供いただいた」などご好評をいただきました。

 大商国際部では、これからも面白い企画をしていきますので、どうぞご期待ください!

のっぽパンダ

投稿者 panda | 2009年7月17日 09:45


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。