2009年7月 7日

「売るための『売れない』商品」~心に残ったお話シリーズNo.7

久しぶりに、眼鏡屋さんをのぞいた。
ちょうどセール中だった。そのお店の店主さんとの会話から。

「メガネ、安いですね。フレームが全て半額以下なんて。」

店主:「在庫一掃セールなんだ。こういう時代だから、メーカーを絞って、
個性的な店づくりをしようと思ってね。品ぞろえでは量販店に負けるから。
同じことしていたら生き残れない。」

「そうなんですね。すごい決断をされたんですね。」

店主:「まぁね、そうするしかないというほうが正解かな。
ところで、知ってるかい?メガネのフレームって10個仕入れても、
売れるのは半分なんだよ。」

「そうなんですか。じゃぁ、できるだけ売れ筋を仕入れないといけないんですね?」

店主:「それがね、違うんだよ。5個を売るために、売れない5個が必要なんだよ。」

「えっ!?あっ、でも、そうか。メガネを買うときって、
他のフレームと比べながら一番自分にあうのを選びますよね。
買いたいメガネを引き立てる商品も必要なんですね。」

店主:「その通りだよ。」

そういえば、去年、テレビで紹介されたインテリアショップのマネージャーも
こんなことを言っていた。

「ディスプレイの中心に、派手な真っ赤のソファを置いています。
実際、お客様が購入されるのは、もっと保守的な色の商品ですが、
お客様の視線をひきつけ、イメージをふくらませる役割を、この赤のソファが担っています。
このソファ自体は売れませんが、他の商品を売るために必要なんです。」

他の商品を売るための『売れない』商品という考え方、
少し商品を見る目がかわった。

不思議パンダ

投稿者 panda | 2009年7月 7日 09:29


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。