2008年10月 7日

中国独占禁止法への対策

9月29日、国際ビジネス実務セミナー「中国独占禁止法への対策~2008年8月施行後の日本企業の対応と変化~」を開催しました。

特殊な分野だけに少人数のセミナーでしたが、遠方からもご参加くださり、ありがとうございました。

講師は、アンダーソン・毛利・友常法律事務所のパートナーで、北京事務所首席代表の中川裕茂弁護士。
国慶節(建国記念日)の休暇で日本へ一時帰国されたところを、大阪までお越しいただき、中国独占禁止法について解説していただきました。

中国独占禁止法で定めるのは骨格のみですが、現在、中国で出ている案件はどのようなものがあるか、今後、本社・現地法人として採るべき対策はどのようなものがあるか、などについてお話いただきました。今後制定される独占禁止法ガイドラインも要注目です。

080929dokkinnhou.JPG

のっぽパンダ

投稿者 panda | 2008年10月 7日 09:25


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。