2008年2月26日

崔天凱中国大使との懇談会

崔天凱(さい・てんがい)・中国駐日大使が先月、昨年10月の着任後初めて大阪を訪れ、大阪商工会議所をはじめとする関西経済界と懇談しました。

懇談会の内容は、機関紙「大商ニュース」でご報告したとおりですが、崔大使は、関西経済界が国交回復前から日中関係発展に尽くしてきたことを高く評価され、こんごも対話を重ねて、相互理解を一層深めたいと述べられました。

cuidashi.jpg

大阪/関西は、地理的にも歴史的にもアジアと深いつながりがありますが、特に中国との関係では、関西経済界は積極的な役割を果たしてきました。

国交回復前の1971年9月に関西経済界が一丸となって、当時の大阪商工会議所の佐伯勇会頭(近畿日本鉄道(株)会長)が団長を務める「関西財界訪中団」を派遣し、北京で周恩来総理、李先念副総理、郭沫若中日友好協会名誉会長をはじめとする中国の政府要人と懇談しました。これが、日中国国交正常化(1972年9月)のひとつの契機となりました。

現在、関空から北京へは直行便で3時間半ですが、1971年当時は、大阪から香港、深セン、広州を経て、北京へ到着したのは出発から3日目でした。

それから36年目を迎えた今日、日中の経済交流拡大はめざましいものがあります。そんななか、佐伯団長の「財界はじめ広く各界各層が中国関係者と相互理解を深め、これを積み重ねることが非常に有意義」という言葉の重みは今も変わりません。

投稿者 panda | 2008年2月26日 14:36


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。