• 大阪商工会議所

  • ENGLISH
  • 中文
  • 地図・連絡先
  • 各支部へ
  • サイトマップ
A ホーム ú 産業・技術 ú ものづくり ú 【開催延期】第10回フレンドシップサロン「大阪ベイエリアの事前復興と未来づくり」

【開催延期】第10回フレンドシップサロン「大阪ベイエリアの事前復興と未来づくり」

~産業と文化の回廊形成に向けたまちづくりを構想する~
  • 無料イベント
  • セミナー・講習会
  • 交流会
  • シンポジウム
-----【第10回フレンドシップサロン「大阪ベイエリアの事前復興と未来づくり」の開催延期について】-----

新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、第10回フレンドシップサロン「大阪ベイエリアの事前復興と未来づくり」は開催を延期することになりました。
実施時期については、状況をみながらあらためてご案内をさせていただきます。
ご参加を予定されていた皆様には、大変ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、ご了承賜りますようお願い申し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします。


今回のテーマは、「大阪ベイエリアの事前復興と未来づくり」です。
事前復興とは、大災害への事前の対策を契機として未来社会を構想し、今すぐそれに向けた一歩を踏み出し、歩み続けることです。人口減少や近代の過度な開発による気候変動などの課題に立ち向かい、未来社会に相応しい都市・地域構造へと再編するチャンスであり、たとえ大災害がおとずれなくとも、理想の未来に向けて必要な都市や地域をつくり続けることです。
今回は、大阪ベイエリアに人々が持続的に形成してきた社会・空間と、そこに継承されてきた大切な理念を考察し、未来に向けてベイエリアに再編集するべき産業と文化の回廊を構想します。また、命を吹き込むまちづくりの可能性として、港区・大正区がものづくりを通して取り組んできた医療現場における社会課題解決やコミュニティ再生の事例を取り上げます。

--------------------------------------------
『フレンドシップサロン』とは
10回目を迎えるこのサロンは、中堅・中小企業と大学・研究機関の先生方等とが、地域社会に対する抱負を語り合うことでフレンドシップを深め、大阪の発展を語り合い親交を深める事を目標としています。

開催日時

2020年5月18日(月)

開催時間 等

13:30~17:40(交流会18:00~19:30)

場所

(講演会)大阪商工会議所 4階 401号会議室
(交流会)マイドームおおさか1階 レストラン「マイドーム」
x 地図情報はこちら

対象

全対象向け

主催

一般社団法人生産技術振興協会、大阪商工会議所

共催

大阪大学社会ソリューションイニシアティブ(SSI)

参加費

講演会1,000円/人(税込)
交流会3,000円/人(税込・任意参加)
※いずれも当日受付にて申し受けます。

注意事項

新型コロナウィルスの感染症の拡大防止の観点から、政府・自治体よりイベントの自粛・中止命令または強い自粛要請がなされた場合、プログラム変更、または延期・中止をさせて頂く場合がございます。
その場合は、ご登録者に速やかにご連絡させていただきますのでご了承いただきますようお願いいたします。

プログラム

〔挨拶〕13:05~13:10 
 ・生産技術振興協会アライアンス委員会 委員長 北村 光司

〔問題提起〕13:30~13:40
 ・大阪大学大学院工学研究科 教授/生産技術振興協会魅力ある街づくり分科会座長 木多 道宏

【第1部 講演の部】13:30~16:15 ---------------

〔講演1〕13:30~14:00(30分)
 「『弱い人』を囲む社会めざして~SSIの理念と取組」
  ・大阪大学社会ソリューションイニシアティブ(SSI)長/大阪大学大学院 経済学研究科 教授 堂目 卓生氏

「共生」考えるにあたって、経済はじめとする社会科学は、財やサービスの生産に貢献する「強い人」が貢献しない「弱い人」を助ける、という思考法をとってきた。しかしながら、「強い人」が「弱い人」を囲み、彼ら彼女らと向き合い、自分の中にある「恐れ」や「弱さ」を認め、乗り越えていくことによって、本当の共生社会、本当の安心安全社会に至ることができる。2年前、大阪大学は、このような観点に立って、シンクタンク「社会ソリューションイニシアティブ(SSI)」を立ちあげた。本講演では、SSIの理念と取組を紹介しつつ、事前復興を中心概念としたまちづくりを構想するにあたって基礎に置かれるべき人間観について論じる。


〔講演2〕14:00~14:30(30分)
 「ものづくりから社会課題を解く」
  ・株式会社木幡計器製作所 代表取締役/ガレージ大正 代表 木幡 巖氏

大正区は年々人口減少と高齢化が進み、かつて"東洋マンチェスター"と言われた日本の近代産業化の黎明期には、その中心の地であったという"誇り"も昨今は失われかけている。そうしたなか2013年から、「ものづくりの町」としての誇りを取り戻そうとスタートした「大正ものづくり事業」を2015年から実行委員長として牽引し、自社も創業時より111年間圧力計を作り続ける事業から、医療機器やIoT分野のベンチャー的事業革新にも挑戦してきた。現在は自社工場内にGarage Taisho(ガレージ大正)を設立し、地域での医工連携プロジェクトを発足するなどの経験から、民間企業として、地域の中小企業が中心となり、官民連携で地域の課題解決につながる地域産業復興を目指す取り組みについてお話する。

〔休憩〕14:30~14:45(15分)

〔講演3〕14:45~15:15(50分)
 「港区・大正区における産業イノベーションとコミュニティ再生」
  ・大阪市港区長・元大正区長 筋原 章博氏

・2010年大正区長就任時は大正区は衰退モード。人口流出・減少を止める事が課題。当初は観光集客の大イベントを実施するも効果なし。
・イベント時だけでなく日常生活も面白くするため、空き家リノベーションで店舗誘致。加えて大正区の地場産業である町工場が操業しやすい環境づくりを実施。
・旧来型コミュニティは高齢化が進み衰退→イベントで新しい人を呼び込み、それを契機に新規店舗や町工場のを新事業を誘致→その面白さを次世代の子供たちに伝える。このサイクルでコミュニティを再生、人口は流入増に。
・港区では、町工場の技術力+ベンチャー・研究者のアイデアで「まちの課題を解決する」新事業を展開中。事業化に向けた社会実験機能を港区が担い、将来的には夢洲の産業育成機能との連動を目指す。


〔講演4〕15:15~15:45(30分)
 近代の「大大阪」から未来に受け継ぐこと
  ~映画「大大阪観光」に大阪再生のインスピレーションを探る

  ・大阪大学総合学術博物館 教授/大学院文学研究科兼任 橋爪 節也氏

澪つくしを市章とする大阪市は、市中に張り巡らされた運河と海港により発展し、大正14年、第2次市域拡張で東京市を抜いて日本最大、世界第6位のマンモス都市「大大阪」となる。「大大阪」時代のベイエリアのイメージどのようであったかを、幕末の「浪速百景」や 近代絵画に描かれた都市景観にも触れながら、観光艇「水都」が登場する大阪市電気局・産業部制作の映画「大大阪観光」(大阪市指定化財)を題材に考察する。この映画は、海外からの観光客誘致と産業振興を目的に制作され、現代にも通じる問題を孕んでいる。登場する 水辺は物流の場だけではなく都市美を象徴する空間であり、市民が生活する日常的な場そのものでもあった。


〔講演5〕15:45~16:15(30分)
 都心の都市再生と臨海部をつなぐ都市・大阪の再編集
  ・大阪市立大学大学院 工学研究科 教授 嘉名 光市氏

バブル崩壊以降の長期低迷を経て、大阪は今ようやく再生軌道を描こうとしているように見える。大阪の都心部と大阪の産業を支える港湾の位置する臨海部をどのように繋ぐかは、つねに大阪の都市構造上の重要課題であった。しかし、港湾の沖出しなど都心と港湾の位置関係の変化によって、その空間的な関係は再構築が必要になる。また、都心における都市機能の更新や都市空間の再編といった都市再生の取り組みも進んでおり、都心と臨海部の機能的な関係性にも変化が生まれている。大阪市区改正設計から100年を経た今、そして2025年の大阪・関西万博を前に、大阪の都市づくりが目指すべき方向について考えてみたい。

〔休憩〕16:15~16:30(15分)

【第2部 パネルディスカッション】16:30~17:30(60分) ---------------
 ○テーマ:大阪ベイエリアの地域振興・事前復興とコンテクスト(地域文脈)について
 ○パネリスト
  ・講師全員/大阪商工会議所 地域振興部 部長 楠本 浩司
 ○コーディネーター
  ・大阪大学大学院工学研究科 教授/生産技術振興協会魅力ある街づくり分科会座長 木多 道宏
 ○コメンテーター
  ・大阪大学大学院工学研究科 教授/生産技術振興協会魅力ある街づくり分科会顧問 山中 俊夫

〔総括〕17:30~17:40 
  ・大阪大学大学院工学研究科 教授/生産技術振興協会魅力ある街づくり分科会顧問 山中 俊夫

【第3部 交流会】18:00~19:30(於:マイドームおおさか1階「レストランマイドーム」) ---------------
 ※出席者の方々のフレンドシップを深め、抱負を語って頂く場を設けます。

定員

50名(定員になり次第、締切させていただきます)
※感染症対策の為、収容可能人数120名の会場にて開催します。

個人情報の取扱い

ご記入いただいた情報は、主催団体(大阪商工会議所、(一社)生産技術振興協会)で共有し、講師には参加者名簿としてお渡しするほか、主催団体からの各種連絡・情報提供(Eメールによる案内を含む)を行う場合にも利用させていただきます。なお企業・団体において、受講者本人に代わってお申込みをされた場合は、ご本人に同意いただいたものとして取り扱いさせていただきます。
※大商の個人情報保護基本方針及び個人情報の取得・利用・提供に関するお知らせ

お問い合わせ先

大阪商工会議所 産業部 産業・技術振興担当(篠﨑・吉村)
TEL:06-6944-6300
E-mail:sangyo@osaka.cci.or.jp