• 大阪商工会議所

  • ENGLISH
  • 中文
  • 地図・連絡先
  • 各支部へ
  • サイトマップ
A ホーム ú 産業・技術 ú ものづくり ú 産技研ライフ&メディカルイノベーションプロジェクト シンポジウム「医工連携の推進による暮らしやすい生活環境、優れた看護現場の提供」

産技研ライフ&メディカルイノベーションプロジェクト シンポジウム「医工連携の推進による暮らしやすい生活環境、優れた看護現場の提供」

  • 無料イベント
  • 講演会
  • シンポジウム
 医療機器ビジネスへの参入などを支援している大阪商工会議所と大阪府立産業技術総合研究所は、以下によりシンポジウムを開催します。
 大阪府立産業技術総合研究所では、平成28年度から、医療・福祉・工業技術の連携による先端医療および高機能福祉機器(用具・材料)の開発・評価を目的としたライフ&メディカルイノベーションプロジェクトを実施しており、同プロジェクトの成果として、持続可能な社会および安全・安心で質の高い健康生活を実現するために必要なソリューション・新製品開発・新評価技術について報告します。

開催日時

2017年3月23日(木)

開催時間 等

13:00~17:00

場所

大阪商工会議所 4階 401号会議室(大阪市中央区本町橋2番8号)
 ※大阪市営地下鉄「堺筋本町」駅または「谷町四丁目」駅から徒歩7分
x 地図情報はこちら

対象

全対象向け (※医療・福祉機器の開発・製造をされている、またはそれらを目指されている事業者の方々など)

主催

大阪商工会議所
地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所

参加費

無料

プログラム(予定)

13:10~14:10
【特別講演】
 「関西リハビリテーション病院におけるリハビリテーション工学部門の実践活動」           
   リハビリテーション科学総合研究所 主任研究員
   関西リハビリテーション病院 リハビリテーション・エンジニア 吉田 直樹 氏

 当院には全国的にも珍しい「リハビリテーション工学科」があり、療法士出身のリハビリ・エンジニアが、患者様の生活やリハビリに関する問題の解決を「モノ」の側面から支援しています。臨床現場からの「すぐに」「使える物を」「安く」の要求に応えてきたその活動の一端をご紹介します。非常に簡易な方法でも問題が解決できる実例などが、製品開発等のヒントになれば幸いです。

14:10~15:00
 「新規体幹矯正具(動的体幹装具)の性能評価と改良開発に関する取り組み」          
   大阪府立産業技術総合研究所 製品信頼性科 科長補佐 山本 貴則

 コルセットなどの体幹矯正具は、疾病などによる体幹部の変形や機能障害に対して、動きを固定し矯正するために用いられています。大阪発達総合療育センターでは、重症心身障がい児・者の生活機能の向上と実現を目指して、脊柱変形に対する新規の医療用体幹矯正具(動的体幹装具)を考案、開発しました。ここでは、動的体幹装具の性能を評価するとともに、デジタルヒューマンモデルを用いた改良開発に対する取り組みを紹介します。

15:10~15:55
 「医療現場の環境改善を志向した『気づきやすい、ストレスの少ない』ナースコール呼出音の作成」             
   大阪府立産業技術総合研究所 製品信頼性科 主任研究員 片桐 真子

 医療現場では、ナースコールシステムと連動した各種センサーによって、患者の状態を管理していますが、多様なナースコールの発報回数の増加が、看護師のストレスを増大させる一因となっています。そこで、看護師に対して行ったナースコールに関するアンケート調査と生理計測実験から、「気づきやすい、ストレスの少ない」新しいナースコールを作成しました。現在、病棟内で利用され、高評価が得られているこの事例を紹介します。

15:55~16:25
 「材料表面の高生体親和性化におけるシミュレーションおよび評価技術」             
   大阪府立産業技術総合研究所 繊維・高分子科 科長 木本 正樹

 ハイドロキシアパタイト(HAp)は歯や骨の主成分であり、高い生体親和性を有しています。株式会社ソフセラでは、安定で高結晶性の焼成HApナノ粒子(SHAp)を独自の方法により開発し、各種材料表面の高生体親和性化などに取り組んでいます。大阪府立産業技術総合研究所でも一部の材料の共同開発を進めています。本講演では材料表面の改質を進める上で重要な「SHApの高分散化」におけるシミュレーションおよびテラヘルツ分光分析装置による材料評価技術について紹介します。

16:25~16:55
 「ライフ&メディカルイノベーションプロジェクト『医工連携参入支援事業』のご紹介」
   大阪府立産業技術総合研究所 経営戦略課 課長補佐 竹田 裕紀

 本参入支援事業は、医療・健康ヘルス分野への参入にチャレンジするものづくり中小企業とともに、同分野への参入障壁(課題)は何かを理解し、自力で解決できる方法を学び、各企業のシーズを活かしたビジネス化を目指します。その中核を成す医療健康機器開発研究会の概要を報告します。

定員

120名(先着順。定員に達し次第、受け付けを終了します。)

お申込み方法

「お申し込みフォーム」にて必要事項を入力し、送信してください。
úお申し込みフォームへ

個人情報の取り扱い

※ご提供いただいた情報は、主催者(大阪商工会議所、大阪府立産業技術総合研究所)からの各種連絡・情報提供に利用させていただきます。また、講師に参加者名簿を提供いたします。
※大阪商工会議所の個人情報保護基本方針及び個人情報の取得・利用・提供に関するお知らせ

お問い合わせ先

úお問い合わせフォームへ
<講演内容> 地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所 経営戦略課   電話:0XXX-XX-2511
<申し込み> 大阪商工会議所 経済産業部 産業・技術・水ビジネス振興担当 電話:06-6944-6300