• 大阪商工会議所

  • ENGLISH
  • 中文
  • 地図・連絡先
  • 各支部へ
  • サイトマップ
A ホーム ú 産業・技術 ú その他の産業・技術 ú 北海道×関西×中国×沖縄 4地域連携ビジネスマッチング事業

北海道×関西×中国×沖縄 4地域連携ビジネスマッチング事業

~4地域における地域課題やスポーツチームの協業ニーズを発表!~
  • 無料イベント
  • 交流会
  • 講演会
  • 説明会・面談会
<"地域間連携"をテーマに4つの地域における課題、スポーツチームの協業ニーズを提示!>

現在国内には、非常に多くのスポーツチームがあり、それぞれが地域に根差した活動を行っていますが、競技魅力の向上や人材不足、コロナ禍への対応といったあらゆるチームに共通する課題や、スポーツ分野のノウハウを活用したヘルスケアビジネスの創出等地域に応じた課題など、様々な課題を抱えており、それらの課題解決に向けては、これまで以上に積極的に企業等との連携を推進していくことが求められています。

そこで、北海道、関西、中国、沖縄の4つのエリアでそれぞれスポーツ産業振興に取り組むコーディネート組織(プラットフォーム)が連携し、各地域のスポーツチームや企業の交流、連携を促進するビジネスマッチング事業を開催することとなりました。
地域を越えた連携を促進することにより、各地域・チーム共通の課題に対して取り組みを横展開していくことや、各地域ならではの課題に外部の新たな知見を取り入れることが可能になり、イノベーション創出につながる可能性が広がります。

地域の取り組みの現状や課題感を効率的に情報収集できる機会にもなります。ご関心の方はぜひご参加ください。

開催日時

2022年3月15日(火)

開催時間 等

14:00~16:30

場所

オンライン開催(Zoomウェビナー)

対象

全対象向け

主催

SPOPLA北海道/スポーツハブKANSAI/スポーツデータバンク沖縄株式会社/株式会社レジスタ

協力

スポコラファイブ(伊藤忠ファッションシステム株式会社・中国経済産業局)/内閣府沖縄総合事務局

プログラム

<開会挨拶>
 スポーツ庁 参事官(民間スポーツ担当)付 経営改善係長 山縣 貴史 氏
<協業ニーズ提示>
 ※各地域で活動するスポーツチームや関連企業、コーディネート組織から地域課題やチームの協業ニーズを提示します。
 北海道:レッドイーグルス北海道
 関 西:オンキヨースポーツ株式会社
 中 国:スポコラファイブ(中国経済産業局)
 沖 縄:スポーツデータバンク沖縄株式会社/株式会社レジスタ

地域版SOIP


スポーツ庁では、スポーツと他の産業の掛け合わせにより、社会に貢献する新たな財・サービスを創出する取り組みを様々な地域で行い、事業の水平展開を行うことで日本全土でのスポーツ産業振興に向けた動きを加速させることを目的に、「スポーツオープンイノベーション推進事業(地域版SOIPの先進事例形成)」(以下、地域版SOIP)を展開しています。


今回のビジネスマッチング事業を運営するSPOPLA北海道/スポーツハブKANSAI/スポコラファイブ(伊藤忠ファッションシステム株式会社・中国経済産業局)/スポーツデータバンク沖縄株式会社/株式会社レジスタは、2021年度の地域版SOIP運営パートナーとして連携する事業者です。今回は、地域版SOIPにも参画したスポーツチームによるさらなる企業連携ニーズの提示や、地域版SOIP内ではお伝えしきれなかった地域課題、チーム課題の発表を行い、あらゆる地域の企業からのご提案を募集します。

協業フロー


①本ビジネスマッチング事業において、スポーツチームに関する協業ニーズを提示
②参加企業から、関心のあるニーズに対して事業アイデアもしくはソリューションの提案を事務局に提出
③事務局において提案を取りまとめてチームに共有・検討し、連携の可否や進め方を参加企業にフィードバック
④マッチングが成立した案件については、各地域事務局が連携しながら事業共創に向けた議論を開始

協業ニーズ内容(予定)

○レッドイーグルス北海道
 ①チームをハブとしたスポンサー同士の関係構築のアイデア
  ⇒スポンサー企業に対して十分なメリットを提供できていない課題感があり、
   チームをハブとして企業が自由に交流し、ビジネスを生むような環境を構築したい
 ②遠隔でもファンと選手が簡易に交流できるコンテンツ
  ⇒北海道外にいるファンとのコミュニケーションが課題。デジタルを活用して道外ファンとの交流を促進するアイデアを希望
 ③会場の"魅せる化"で集客や顧客満足度向上につながる取り組みアイデア
  ⇒若年層へのタッチポイントを創出し、新たなファン獲得につなげられるような取り組みを希望

○オンキヨースポーツ株式会社
 ①学生アスリートの栄養、運動データと連携した取り組みに関心のある企業
 ②大学との連携によるアスリート向け補助食品やその他商品開発に関心のある企業
  ⇒同社が関西学院大学競技スポーツ局と連携して収集を進める学生アスリート栄養、運動に関するデータに対して、
   データを活用した製品・サービス開発や新しいビジネスのアイデアを広く募集
 ③女性アスリートのコンディショニングデータと連携した取り組みに関心のある企業
  ⇒生理等特有の課題を抱える女性アスリートに特化したサポートプログラムも検討しており、
   女性アスリートのデータを活かした取り組みを募集

○スポコラファイブ(中国経済産業局)
 ①新しいスポーツ観戦体験の実現やアスリートのデータ活用に関連する取り組みや技術を持つ企業
  ⇒#DX/#フェムテック/#薄膜振動/#音の振動化/#データ測定 などをキーワードに、
   中国エリアのスポーツチームとの協業や"スポーツに関わりたい"という相談を希望する企業を募集

○スポーツデータバンク沖縄株式会社/株式会社レジスタ
 <沖縄県内の自治体に対して>
 ①県内運動施設を活用した新たなスポーツキャンプ、大会誘致のアイデア
  ⇒運動施設の新設・改修計画のある自治体に対して有効的な施設の活用方法、ツールなど
 ②スポーツキャンプ期間内外での地域交流や経済波及効果を高める仕組み
  ⇒キャンプ期間中のイベントによる地域交流等稼ぐ仕組みや、キャンプ期間外のキャンプ地との取り組みなど
 ③県内のスポーツ実施率向上のためのアイデア
  ⇒スポーツ・ヘルスケアに関するアプリなどの技術的な支援を希望
 <プロスポーツチームに対して>
 ①ホームゲームの開催時の滞在時間や消費機会を増やす取り組みのアイデア
  ⇒試合開始時間、終了時間帯の交通渋滞を避けつつ、消費機会を増やせるような仕組み
 ②スポーツチームと連携した海外進出に関心のある企業
  ⇒スポーツをフックとしたアジア地域への展開やトライアルに取り組みたい企業
 <県内観光宿泊施設に対して>
 ①滞在型ヘルスケア・ワーケーションに関する取り組みアイデア
  ⇒リゾート地において定期的なヘルスチェックや運動機能の向上に取り組める仕組み、ツール

※発表内容は予定です。追加・変更になる可能性があります。

スーパーバイザー

異業種間のビジネスマッチングを促進するため、スポーツ・ウエルネスビジネスに精通するスポーツハブKANSAIのスーパーバイザー5名が、協業ニーズを深堀りする質疑応答やコメントを実施します。

<スーパーバイザー一覧> (敬称略、氏名五十音順)
 植田 真司  大阪成蹊大学 経営学部 スポーツマネジメント学科 教授
 鈴木 康藏  株式会社エスイーエス 代表取締役
 妙中 義之  国立循環器病研究センター 名誉所員
 種子田 穣  立命館大学 スポーツ健康科学部 教授
 廣田 章光  近畿大学 経営学部 商学科 教授
※スーパーバイザーに関する情報はこちらをご覧ください。

運営団体概要

○SPOPLA北海道
 北海道における「スポーツ×異業種」の新たな産業創出を推進するため、北海道スポーツ関連産業創出プランに沿って、専門家によるコーディネートやビジネスマッチング等の支援を行うプラットフォーム。「Sports Open Innovation Platform Hokkaido」、通称「SPOPLA(スポプラ)北海道」として、経済産業省北海道経済産業局が2019年3月に設立しました。
SPOPLA北海道 プレゼンテーション動画はこちら

○スポーツハブKANSAI
 大阪商工会議所が京都、神戸の商工会議所と連携し、スポーツと様々な産業の融合による新たなビジネス創出を促進するプラットフォーム。スポーツの価値向上に資する取り組みだけでなく、スポーツの知見を応用した健康づくり事業など幅広い市場を対象に、製品・サービス開発から事業化に至るまでのトータルサポートを行っています。2022年1月現在、全国19都市から730社が登録しています。
スポーツハブKANSAI プレゼンテーション動画はこちら

○スポコラファイブ(伊藤忠ファッションシステム株式会社・中国経済産業局)
 中国経済産業局では、中国地域5県のスポーツ関連産業の振興のため、様々な競技種目(男女)・運営規模の20チームが賛同するプラットフォーム「ちゅうごく5県プロスポーツネットワーク(愛称:スポコラファイブ)」を主宰し、スポーツ団体間や異分野の連携をベースとした新商品・サービス開発や情報発信、人材育成に関する連携プロジェクトを以下のビジョンの下に実施しています。
1.中国地域のプロスポーツ団体が、安定的・継続的に活動できる経営基盤を築くことを目的に、スポーツ団体間や異分野の連携を通じてサービスや商品の魅力を高め、国内外からの観客を楽しませる“キラーコンテンツ”になる。
2.中国地域のプロスポーツ団体と地域内外のスポーツ関連企業が、自律的に連携・共創し、新たなサービスや商品を生み出す産業が創出される。
スポコラファイブ プレゼンテーション動画はこちら

○スポーツデータバンク沖縄株式会社/株式会社レジスタ/内閣府沖縄総合事務局
 三者で運営する沖縄スポーツ・ヘルスケア産業クラスター推進協議会では、「ヒト・モノ・カネ・情報の交易・交流拠点『アジアゲートウェイ』を目指し、沖縄のポテンシャル「地の利」「知の基盤」「地域資源」を最大限に活かしながら、「産業視点」においてスポーツ・ヘルスケアを通じて社会課題を解決することを目的としています。これまで以下の3つミッションに取り組んで参りました。
①運動実施率の向上を促進するビジネスの支援(医療費の増大抑止)
②県内スポーツ・ヘルスケアコンテンツの海外展開の検討(人口減に伴う、国内市場縮小と人材不足を見据え)
③新たなスポーツ・ヘルスケア観光商品の開発(各都道府県によるインバウンド観光客取込競争の激化に備え)
スポーツデータバンク沖縄株式会社/株式会社レジスタ/内閣府沖縄総合事務局 プレゼンテーション動画はこちら

お申込み方法

以下の申込みフォームよりお申し込みをお願いします。
★参加料無料/どなたでもご参加いただけます
úお申し込みフォームへ

個人情報の取扱い

ご記入頂いた情報は、大阪商工会議所(データ管理責任者)はじめ主催者間で共同利用し、本事業の事務業務に利用するとともに、主催者からの各種連絡・情報提供(eメールによる事業案内含む)に利用します。また登壇者、スーパーバイザーへ参加者名簿として提供します。これらについては申込者ご本人に同意いただいたものとして取り扱わせていただきます。
※大商の特定個人情報を含む個人情報保護基本方針及び特定個人情報を除く個人データの取り扱いに関するお知らせ

お問い合わせ先

úお問い合わせフォームへ
大阪商工会議所 産業部 スポーツ産業振興担当
TEL:06-6944-6403 E-mail:sports@osaka.cci.or.jp