スポーツハブKANSAIとはスポーツハブKANSAIとは

Background背景

ラグビーワールドカップや東京オリンピック・パラリンピック、
ワールドマスターズゲームズ2021関西といった世界的スポーツイベントが
連続して日本で開催されるゴールデン・スポーツイヤーズの到来や、
人々の健康志向や企業の健康経営など健康分野への関心の高まりにより、
スポーツ産業は、今後の成長に期待される産業として大きな注目を集めています。

また、スポーツ産業は、多様な産業・技術との融合・連携により、
新たな高付加価値製品・サービスを創り出す力を持っており、
地域経済の活性化を牽引する潜在力があると言えます。そうした中、
関西にはスポーツメーカーをはじめとする関連産業が多く集積しており、
それぞれの企業の強みを活かした企業連携が進めば、
スポーツに関連した新しいビジネスが生まれる可能性を秘めた地域です。

Objective目的

そこで大阪商工会議所は、京都商工会議所、神戸商工会議所の共催により、
関西のスポーツ産業振興プラットフォーム化を目指し、
「スポーツハブKANSAI」を立ち上げました。

スポーツハブKANSAIでは、スポーツビジネスに取り組む、
あるいは参入を目指す企業を、研究開発・実証研究・事業化・販路開拓等の
あらゆる段階において支援させていただきます。
企業・スポーツ界・アカデミア等の連携を促進し、
高付加価値製品・サービスの開発を目指すマッチング事業をはじめ、
スポーツ現場のニーズを探索するための視察会等、様々な事業を展開し、
スポーツハブKANSAIを通じて、多くの企業のビジネス拡大に寄与します。

FEATURES特長

  • スポーツ産業に特化したビジネス創出プラットフォーム。
  • 関西圏だけでなく、様々な地域から計400社以上が登録しており、新たなネットワークの構築が可能。
  • 製品・サービス開発を促進するビジネスマッチング事業を年3回開催。
  • スポーツチームなどの団体と連携して実証研究の場の提供も実施。
  • 展示会への出展支援や販社とのマッチング等、販路開拓につながる事業も展開。
  • スポーツ・健康に関する専門家がスーパーバイザーとしてマッチングを促進。

SUPERVISORスーパーバイザー

スポーツメーカー出身でスポーツビジネスに詳しい学術有識者や、プロスポーツの事情や現場の課題に精通する方、医療・ヘルスケア産業への造詣が深い有識者など、計5名の有識者がスーパーバイザーとして、スポーツハブKANSAIの各事業においてコーディネート役を務めます。

スーパーバイザー スーパーバイザー一覧※敬称略、氏名五十音順

主催:大阪商工会議所  
共催:京都商工会議所、神戸商工会議所
協力:日本スポーツ用品工業協会関西スポーツ用品工業協同組合東京スポーツ用品工業協同組合全日本スポーツ用品卸商組合連合会日本スポーツ用品協同組合連合会