2017年10月 2日

「深圳・香港ビジネス視察団」 参加者募集!

 中国経済については様々な見方がありますが、一部では安価な製造拠点から脱皮し、ベンチャー企業がイノベーションを生みだしています。なかでも広東省深圳は、わずか30年あまりで漁村から下請け製造業の集積地を経て、アジアに広がる製造業ネットワークの中枢に変貌し、今や「アジアのシリコンバレー」として世界中から注目を集めています。

 そこで大阪商工会議所では12月4日から8日までの日程で「深圳・香港視察団」を派遣することにいたしました。この視察団は、深圳のベンチャー企業やこうしたイノベーションを促進するための取り組みについて学ぶことで、中国でのIoT・ロボット・AIといった技術革新の現状について理解を深めるほか、中国ビジネスのゲートウェイである香港の最新状況を把握し、今後の事業展開や経営戦略にお役立ていただけたらと思っています。

 深セン、香港ではそれぞれハイテク関連展示会も見学予定で、短い日程で効率よく現地事情を視察いただけますので、アジアのものづくりやベンチャーに関心のある方にもおすすめです。今回の視察が、メディア等による「百聞」にとどまらず、中国を「一見」する一助になれば幸いです。多数のご参加をお待ちしております~!

  詳細・申し込みはこちらをご覧ください→深圳・香港ビジネス視察団

訪問地(イメージ)

深せん事務所イメージ.jpg

のっぽパンダ

投稿者 panda | 2017年10月 2日 10:04


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。