2014年6月23日

春秋航空でお得に中国旅行はいかが?

 中国の格安航空会社(LCC)、春秋航空は今年3月に関空~上海線を就航させたのに続き、7月に、関空と中国の武漢、重慶、天津を結ぶ3路線を開設します。

 アジアでの富裕層の増加や円安傾向、査証発給基準の緩和などを背景に、訪日外客数は過去最高ペースで推移していますが、昨年度は大阪・関西の魅力が改めて注目され、春秋航空をはじめ、アジアの航空会社・旅行会社が相次いで大阪へ進出しました。大阪外国企業誘致センター(O-BIC)大阪商工会議所は大阪での拠点設立に際して、情報提供や広報面でお手伝いしてきました。

 春秋航空大阪支社さんと系列の旅行会社である日本春秋旅行株式会社大阪支店さんでは、7月の3路線就航にあたり、武漢、重慶、北京・天津をめぐる記念ツアーを発売中です。

・張家界・武陵源 5日間 54,800円~

・三峡クルーズと三国志ゆかりの地 3日間 28,800円~

・シェラトンホテルに泊まる九寨溝・黄龍 5日間 84,800円~

・重慶・二つの世界遺産を訪ねる旅 3日間24,800円~

・世界遺産の宝庫 北京・天津 4日間 19,800円~

 海の日(7月21日)の3連休をどう過ごすか、まだお決まりでない方は、春秋航空に乗って、お得な中国旅行はいかがですか?詳しくはパンフレットをご覧ください。

就航記念パンフレット原稿.pdf

のっぽパンダ

投稿者 panda | 2014年6月23日 15:06


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。