2013年6月26日

注目を集めるトルコ

オリンピック招致、安倍首相の訪問、デモなどで注目されがちなトルコですが、
実は昨年来、トルコの様々な地域からビジネスミッションが
大阪商工会議所を訪れ、積極的に日本企業の投資を招致しています。

6月25日には、トルコ・イズミールより投資担当官が来阪し、
投資セミナーを開催いたしました。
イズミールはトルコ第三の人口を持ち、農業、産業、観光の各セクターが、
トルコの経済において重要な役割を担っています。
また2011年には、「世界で最も急速に発展する都市圏経済」部門(ブルッキングス研究所)で第四位にランクインするなど、成長著しい地域とのことです。

セミナーでは、トルコのデモなどのニュースに対し、今後の行方を問う質問も飛び交いましたが、
トルコ投資促進機関(ISPAT)東京事務所代表の関仁氏によれば、
「デモはあくまで一部。ビジネスや行政サービスは従来通り行われており、問題はない。逆に『このようなデモが許される国』であると、安心して欲しい」とのことでした。
ビジネス面で大きな問題がないのであれば、中東、欧州、アフリカへのビジネス拠点となりうるトルコを選択肢として除外してしまうのは、大きな機会損失になり得る可能性があります。
安全面確保は第一ですが、現地の正確な情報を収集していく必要がありますね。

というわけで、
7月2日 「トルコ経済産業セミナー」

7月19日「トルコ進出の実務知識:会社設立・会計・税務セミナー」

どうぞご参加ください!


%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg

セミナー会場の写真を撮り忘れましたので、
イズミール開発公社より頂いた、トルコ伝統のお守り、「ナザーンボンジュ」の写真をアップいたします。
メデューサの目が、邪気を睨み付けて追い払い、幸運がもたらされるそうです。
皆様にも幸運がありますように。

ゲゲゲ☆パンダ

投稿者 panda | 2013年6月26日 09:32


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。