2013年6月 5日

桑山委員長インタビュー~中国ビジネス支援室10周年(2)

■現地関係者とのコミュニケーションが大切
大阪商工会議所 中国ビジネス特別委員長 桑山 信雄氏

 昨年秋以降、日中関係は政治だけでなく経済面も冷え込む
「政冷経冷」状態が続いていたが、今春以降、多数の中国企業が
出展する展示会が大阪で開催されたほか、小規模ではあるが
複数の視察団が中国から来日するなど、経済面では交流が
戻りつつある。

 中国以外で事業展開する選択肢もあるが、中国経済は引き続き
成長している。みすみす中国という大きなマーケットを逃す手はない。
なかでも環境保護、介護、消費者関連の需要は一層拡大する。
日本企業は、高い技術力や優れたサービス、安心・安全・快適といった
付加価値を提供することで、中国の成長に貢献しながら、
成長の果実を得ることができる。

 海外事業には政治、人事労務、与信管理など、様々なリスクが
つきものだ。ただ、その多くは国内でも起こりうるし、ある程度は
回避策を採ることもできる。まずは現地の取引先や従業員と
十分にコミュニケーションをとることが重要だ。

IMG_0762.JPG

◇くわやま・のぶお 名古屋大学経済学部卒、1971年伊藤忠商事に入り、
繊維貿易などを担当し、中国総代表、専務執行役員などを経て現在、
理事・社長補佐(中国食料・建設事業担当)。中国駐在は通算24年に及ぶ。
64歳。

大商ニュース2013/5/25号より抜粋

(続く)

投稿者 panda | 2013年6月 5日 09:36


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。