2013年5月21日

綏芬河総合保税区での商品展示プロジェクト

 中国東北地域でのテストマーケティングの機会のお知らせです。

 公益財団法人環日本海経済研究所(ERINA)より、
同研究所が今年度実施する助成事業、
「日本海側諸港湾を利用した中国東北地域への貿易ルート構築支援事業」の
ご案内をいただきました。

 ロシア沿海地方との国境に位置する中国・黒龍江省 綏芬河(すいふんが)市の
総合保税区において、日本製品を展示することで、

(1)ロシア極東地域を経由した中国東北地域との貿易・物流の活性化
(2)中国東北地域における「Made in Japan商品」の販路拡大

をはかるものです。

 綏芬河は日本ではまだ馴染みの薄い地名ですが、
中国の対ロシア貿易の15%を占める、中ロ貿易の最前線で、
ロシアから買い出しも含めて、年間60~70万人が訪れているそうです。

img-522112145-0001.jpg
 ロシア人観光客でごったがえす駅  出所:『綏芬河・国際商貿旅遊名城』

 現在、現地で活躍するビジネスマンのほどんどは、
台湾人、香港人、韓国人、中国国内では浙江人で、「日本の存在感は薄い」と話すのは、
本事業を担当するERINAの佐藤尚・経済交流部長。

 今後の展開のために、展示品搬入後は、中国/ロシアバイヤーによる
引合い情報も収集し、できる限り出展者にフィードバックされる予定です。

 展示料は無料。
 展示品の国際輸送は、助成事業につきERINAが負担。
 
 商品を提供する企業が負担するのは、
(1)指定倉庫(新潟県)までの国内輸送費
(2)輸出手数料
(3)ロシア語への翻訳費用等です。

 申込締切は2013年6月7日(金)。

ご関心の方は詳細を下記ファイルにてご確認ください。

綏芬河総合保税区での商品展示プロジェクト概要(PDF)
展示品申込書(EXCEL)

<お問合せ>株式会社アルゴナフト 担当:長谷川氏 電話025-272-8870

のっぽパンダ

投稿者 panda | 2013年5月21日 14:59


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。