2013年3月18日

丹羽・前中国大使講演会

 中国ビジネス支援室が2003年の開設から10周年を迎えるのを記念して、
3月に、前駐中国特命全権大使の丹羽宇一郎・伊藤忠商事名誉理事をお迎えして、
講演会を開催しました。7階の国際会議ホールがほぼ満員になる盛況ぶりでした。

DSC_0087-blog.JPG

講演テーマは「これからの日中関係~外交最前線でみた日本と中国」。

歴史に起因する日中両国の国民感情のギャップは今後20~30年間、
好転しがたいと指摘しつつ、「耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、
たとえ嫌な相手だったとしても会い、言うべきことを言う。それが外交だ。」と
自論を述べ、対話を継続する外交の重要性を訴えました。

また、海外ビジネスの基本は、現地へ足を運び、現地事情を十分に把握すること
と述べ、中国においては、日本の安心・安全を前面に打ち出すことや、
自ら投資するのではなく中国と組むことで「持たざる経営」へ移行すべきことなどを
提起されました。

のっぽパンダ

投稿者 panda | 2013年3月18日 17:46


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。