2012年12月17日

模倣品・海賊版〔輸入〕でお困りの方へ

先日、東京税関総括知的財産調査官、大阪税関知的財産調査官が
お見えになり、「輸入差止申立制度」についてご紹介いただきました。

同制度は、自己の権利(特許権、実用新案権、意匠権、商標権等)を
侵害すると認める貨物が輸入されようとする場合に、税関に対して、
当該貨物の輸入を差止め、認定手続を執るよう申立てることができる制度です。

今年1~9月の全国の税関における偽ブランド品等知的財産侵害物品の
差止件数は約2万件(前年同期約20%増)、差止点数は約91万点
(前年同期約77%増)。

仕出国(地域)別にみると、2年連続で中国からの物品が9割を超えています。
2008年には知的財産侵害物品の仕出国は、中国、韓国がそれぞれ4割強
だったものが、この数年で、中国に集中する形となっています。

商品としては、日本国内の流行を反映して、スマートフォン用の付属品や
合成樹脂製の靴の差止が多いそうです。

海外から日本への模倣品・海賊版の流入にお困りの方は、ぜひ一度
本制度の概要をご覧ください。

税関差止申立制度(パンフレット)

税関による知的財産侵害物品の取り締まり(税関ホームページ)


のっぽパンダ

投稿者 panda | 2012年12月17日 13:26


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。