2012年7月19日

北京の空

関西財界訪中団に随行して、久しぶりに北京に行ってきました。
公式報告では取り上げられない、ちょっとした印象などをご紹介します。

(その1)
今回5日間滞在しましたが、うち3日間はすっきりと晴れました。
黄砂の時期でなかったこともあるでしょうが、思っていた
以上に大気の浄化が進んでいました。
家庭での石炭使用が減ったことが大きいとも聞きましたが、
華北地域本来の抜けるような青空は新鮮でした。
%E5%86%99%E7%9C%9F%204.JPG

(その2)
北京オリンピック開催時に「整列しよう」「路上に唾は吐くな」
といったキャンペーンが行われ、公衆エチケット向上が図られ
ました。今回街を歩いたり、地下鉄に乗ってみましたが、
大阪人の目からみて、びっくりするような光景はみかけませんでした。
立派なレベルです。ただ、地元の方によれば、地下鉄の通勤ラッシュ
時には実力行使を伴う喧嘩が絶えないとのことでしたが・・・

(その3)
最近開発が進み、おしゃれな人たちの注目度が高いという「三里屯」
地区へ行ってみました。
巨大でデザイン性に富んだビル(日本人設計によるものも有り)
が立ち並び、もともとバーも集積しています。ファッション、
飲食など、レベルの高いものが当たり前のように受け入れられて
いました。街ゆく人々も他の地域と一味違うセンス。
消費の先端は、明らかに先進国並みでした。
修行パンダ

投稿者 panda | 2012年7月19日 11:48


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。