2010年4月23日

「七宝」と海外ビジネス変遷

 大商で海外からのお客様にお渡しするお土産として、七宝のペントレイがあります。
桜の模様がとてもきれいで、個人的にもほしいな~と思っていました。
作っていただいたのは堺筋本町駅近くにある株式会社七宝舎さん。
今週、仕事帰りにお店の前を通りかかったところ、閉店の貼り紙が出ていました。

 ご主人によると、七宝の専門店として1972年に創業。
以前は海外へのお土産や会社の記念品としてよく使われていたものの、
海外ビジネスは欧米からアジア、特に中国へシフト。
中国にも「景泰藍(けいたいらん)」といった七宝があるため、
中国向けのお土産としてはあまり好まれず、ニーズは細っていったそうです。
ただ、中国から来られたお客様が「中国のものとは違う」と、
わざわざ日本土産に購入していかれるケースもあったということですから、
七宝も「日本品質」のよいものはやはり別格のようです。

 ビジネスのシフトがお土産需要にも影響するものなのですね。
確かに中国へのお土産は、デジタルカメラなどの最新の家電製品が
好まれています。

 株式会社 七宝舎さんの閉店セールは5月末まで。
(商品は30~50%OFFです!)
これまでがんばってこられたご主人への応援もこめて、
この機会にぜひ一度足を運んでみてください。
(私も自宅用に小さなものを1つ購入しました♪) 

★株式会社 七宝舎
http://www.shippo-sya.co.jp/index.html

のっぽパンダ

投稿者 panda | 2010年4月23日 09:42


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。