2010年2月25日

スワループ・インド総領事の来所

 2月8日、在大阪・神戸インド総領事館のヴィカース・スワループ総領事が
昨年夏の着任後、初めて大阪商工会議所を訪問され、野村会頭と懇談
しました。

DSC_0028.JPG
 *写真左から、スワループ総領事、野村会頭

 スワループ総領事は、外交官のかたわら、小説家としてもご活躍で、
昨年オスカー賞を受賞した映画「スラムドック$ミリオネア」の原作、
『ぼくと1ルピーの神様』(原題:Q&A)の著者でもあります。

 スワループ総領事からは、日本とは民主主義という同じ価値観を共有していること、
日印の交流は、かつての仏教等の文化面から、近年はビジネスへと拡大しており、
日本の対インド直接投資は増加しているとの紹介がありました。

 日本銀行の国際収支統計をみると、大型M&Aのあった2008年は特別としても、
日本の対インド投資は2005年から2009年の間に約12倍となっています。
対中国投資が高い水準ながら、漸減傾向にあるのとは対照的です。
(下図参照)

%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E7%9B%B4%E6%8E%A5%E6%8A%95%E8%B3%87.jpg 
出所:日本銀行国際収支統計
注:2009年は速報値

 懇談の後、開催されたスワループ総領事によるインド経済講演会も、
大阪企業の関心の高まりを受けて、満席となりました。

 総領事は講演の中で、「日本製品や技術についての評価は
インドで非常に高いが、最近欧米や韓国の企業がいち早く
インド市場に参入しているのに比べて、日本企業の動きは
大変遅い」ことを指摘。携帯電話は月に1,500万台(!)増加しており、
すでに総契約数5億台を超えて、世界第2位となった例をあげ、
インドの消費市場が急拡大する中、ためらっている時期ではないと
熱のこもったお話でした。

 このほか総領事からは「大商には中国ビジネス支援室があるが、
インドビジネス支援室も設置すべき」とのお言葉を頂きましたが、
インドに詳しい職員が残念ながら今のところはいません。
のっぽパンダは中国には駐在したことがありますが、インドは旅行ですら
まだ行ったことがなく、まずはインドについてしっかり勉強しなければいけません、、、

修行パンダ&のっぽパンダ

投稿者 panda | 2010年2月25日 09:31


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。