2009年6月 3日

Shall we dance ? ~ダンスOSAKAが運営する「アーサー&マレー」心斎橋スタジオ紹介

国際部が事務局をつとめる「大阪外国企業誘致センター」、略称O-BIC(オービック)では、外資系企業の大阪進出をサポートしています。

今回は、2008年度に大阪に進出した「ダンス OSAKA」を紹介します。

経営者の三井マイケル&スーザンご夫妻は日系カナダ人。社交ダンスのペアとして活躍し、カナダ大会で8回優勝というから、その実力は折り紙つき。リチャード・ギアが主演した米国版"Shall we dance?"にも出演しています。

そんなふたりが、今年1月、米国最大のダンスカンパニー、「アーサー・マレー」フランチャイズの大阪第一号店を心斎橋にオープンしました。

カナダ以外の国での生活ははじめてという二人ですが、すっかり大阪の魅力にはまっているそうです。「大阪の人は、片言の日本話にも熱心に耳をかたむけてくれる。本当にあたたかく、親切なんだ。大阪人のユーモアセンスや明るい性格はダンスにぴったり。大阪にきて満足しているよ」とマイケル。「それに、大阪は食べ物が美味しい!」スーザンが目を輝かせてつけくわえてくれました。
 
スクールのモットーは、「楽しく、健康的に」。今日もスタジオからは笑い声が聞こえています。

三井ご夫妻の紹介映像はO-BICホームページまで。お二人のダンスシーンもご覧いただけます。

不思議パンダ

投稿者 panda | 2009年6月 3日 09:26


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。