2009年1月20日

鄭祥林・中国総領事の来所

14日、鄭祥林 駐大阪中華人民共和国総領事が着任挨拶のため来所され、野村会頭、加藤副会頭と懇談しました。

日本勤務は通算13年、5回目となられる鄭総領事は、流暢な日本語で、四川大地震のその後の状況や、北京オリンピックの成功、中国経済の動向などについて触れつつ、今後の日中の企業間交流、特に中小企業交流の推進などについて意欲的にお話になりました。

野村会頭からは、中小企業の優れた技術・サービスが経済の強さを支えていること、雇用の7割は中小企業が担っていることなどを紹介し、お互いにメリットのある形で交流を進めていきたいと答えました。

090114%E7%B7%8F%E9%A0%98%E4%BA%8B.JPG

のっぽパンダ

投稿者 panda | 2009年1月20日 10:55


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。