2008年9月29日

『大阪名物』

「新大阪駅でいちばん売れるお土産は、八つ橋と赤福らしいね。」

そう教えてくれたのは、大阪市にある出版社「創元社」にお勤めの先輩。

八つ橋は京都、赤福は伊勢(三重県)のお土産。

「え~、どっちも大阪名物ちゃうのに。」と一瞬驚いたものの、そういえばのっぽパンダにも思い当たるフシが・・・。
出張や旅行の手土産に八つ橋やゴーフル(神戸)を持っていったことがあります。
いざとなると大阪の手土産には困ってしまって。

そこで、くだんの先輩が紹介してくれたのがこの本、『大阪名物』。

mb25044m.jpg

著者や編集者が足で稼いだというこの本には、大量生産ではない「ここだけでしか買えない」逸品を中心に、和・洋菓子、漬物、惣菜、調味料、酒・飲料、日用雑貨、手工芸品など合計73点が紹介されています。

お値段は、1点数百円から数万円まで幅広いので、好みと予算に合わせて選べそうです。

「本家小嶋」の芥子餅は食べたことあるけど、同じ堺でも「八百源来弘堂」の肉桂餅はまだ食べたことないな~などと思いながら、自分がが知っているものを数えてみましたが、73点中10点にも及びませんでした。大阪人としてまだまだ修行が足りません・・・。 (>_<)

次の機会にはこのなかから手土産を選びたいな~と思います♪
みなさんもぜひ読んでみてください。

創元社『大阪名物』の詳細はこちら

のっぽパンダ

投稿者 panda | 2008年9月29日 09:31


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。