2008年8月19日

中国吉林省琿春から代表団が来阪

7月31日、中国から吉林省延辺州琿春市(こんしゅんし)の姜虎権代理市長、王金玉副市長が来阪し、「吉林省日本工業園説明会」が開催されました。

吉林省は中国東北地方に位置し、ロシア、北朝鮮と国境を接する省です。昨年末、省政府は琿春市に日本工業園(工業団地)を設置することを認可し、現在、第1期(1平方キロ)の開発が進んでいるそうです。

説明会ではいち早く琿春に進出した小島衣料(本社:岐阜市)の現地法人の方が日本企業の視点で琿春を紹介されました。同社は琿春で婦人服のOEM生産をしており、現在は製品を大連まで約1,300km、約24時間かけてトラック輸送し、大連港から輸出しているのですが、将来的に日本海側の港(ロシアまたは北朝鮮)が利用できるようになれば、琿春が日本から一番近い中国になる、というお話が印象的でした。

のっぽパンダ

投稿者 panda | 2008年8月19日 13:33


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。