2008年7月31日

中国のお酒

陝西省投資環境説明会の終了後、レセプションが開かれました。
陝西省の方は「西鳳酒(シーフォンジウ)」という地元の蒸留酒を持参していました。

陝西省の方は、この西鳳酒は「中国の八大名酒だ」と自慢されるので(笑)、調べてみました。

五粮液(四川省)
古井貢酒(安徽省)
瀘州老窖特曲酒(四川省)
全興大曲酒(四川省) 
マオタイ(茅台)酒(貴州省)
西鳳酒(陝西省) ★
汾酒(山西省)
董酒(貴州省)

これらのお酒は中国では「白酒(バイチウ)」と呼ばれ、日本の焼酎や泡盛に近い味です。アルコール度数は高いもので50~60度。低いものでも30~40度とかなりきつく、お酒が弱い人は、これで乾杯するのはできるだけ避けた方がいいです。私はお酒が弱いので、できるだけ手を出さないようにしています。北京駐在時代は車を運転していたので、それを理由にお酒はお断りしていました。(笑)

商社勤務でただいま中国駐在中の同級生は、宴会で白酒を飲まされ、どうやって帰宅したか覚えていないけれど、朝気付くとスーツを着たままベッドに倒れこんでいた~、帰宅後、手を洗うついでになぜだか携帯電話まで洗ってしまい、水浸しで故障~というようなこともあったそうです。

「乾杯(カンペイ)」は「杯を乾す(ほす)」という字のごとく、全部飲みきるのが中国式の乾杯。大都市では最近は宴会で乾杯を迫られることは少なくなっているようですが、地方によってはまだまだ乾杯合戦は健在。全部飲めない、少しだけ、という時は、「随意(スイイー)」と言いましょう。

お酒を断るよりも、酔いつぶれる方が相手に失礼なのだという割り切りも必要ではないでしょうか。

<参考>
創元社編集部『最新・中国がわかる本』創元社、 2005年
田中修『新中国事情』大蔵財務協会、2001年

投稿者 panda | 2008年7月31日 09:15


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。