2008年7月17日

日中韓産業交流会終わる

大阪は、これまで新しい製品・サービスを数多く生み出し、なかには世界的に広がったものも少なくありません。カップラーメンやプレハブ住宅などはその一例です。

こうした新しいものに挑戦する風土と高い技術力を持つ大阪の企業が、今後大きな可能性をもつ宇宙関連ビジネスや技術開発に取り組むことで、大きな未来が拓けるものと期待されます。

そこで今回の日中韓産業交流会では、JAXA(宇宙航空研究開発機構)とともにブース出展し、JAXAによる企業への技術移転や共同開発事例を紹介しました。ロケットの模型や部品、宇宙食等の展示もあり、沢山の方が興味をもって、ブースを訪れてくださいました。ありがとうございました!

P1020427.JPG

<大阪商工会議所/JAXAブースの様子>

交流会前日、地下鉄中央線に乗ると、すべての中吊り広告が日中韓産業交流会のポスターでした。
壮観でした~!

DSCN1257.JPG

<地下鉄中央線の車内にて>

交流会は3日間で約6000人が会場を訪れ、日中韓の出展企業と商談を行ないました。この交流会が新しいビジネスのきっかけとなることを期待しています。

のっぽパンダ

投稿者 panda | 2008年7月17日 17:44


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。