2008年1月28日

「国語接待」

初めて香港へ旅行した1992年春。留学中の友人が紹介してくれた安ホテルのチラシには「国語接待」とありました。「国語」は中国語(北京語をベースにした標準語)、「接待」は応対。ホテルの係員が標準語で対応できますよ、ということです。香港で日常的に使われているのは広東語。当時の香港では、標準語が通じるというのが売りになるくらい標準語は通じなかったのですが、今はずいぶん通じるようになりました。ジャッキー・チェンも最近は流暢な北京語をしゃべっているので、今ならお話ができます(機会があれば・・・)。

言葉にとどまらず、香港の街を歩くとあちこちに「人民元歓迎」の看板が目に入ります。中国からの観光客のお買い物パワーはすごいようですから、ビジネスチャンスを逃すわけにはいかないですね。2007年1月には人民元と香港ドルの対ドル為替レートが逆転。香港もどんどん変わっていきます。

投稿者 panda | 2008年1月28日 09:50


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。