平成29年度環境・エネルギービジネス研究会
第21回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP21)において、2020年以降の新たな温暖化対策の法的枠組みとして「パリ協定」が採択されました。この協定は、途上国を含むすべての国に温室効果ガス排出量削減への取り組みなどを求めるもので、協定採択を機に、地球温暖化をはじめ、環境問題に対する意識が世界的に高まりつつあります。


 

このような状況の下、先進的な環境技術を有する日本企業には、自社の環境技術や機器を活用した国内外における環境負荷低減(省エネ・省CO2など)への貢献など、環境・エネルギービジネス分野におけるビジネスチャンスの拡大が期待されています。
こうした中、大阪商工会議所では、環境・エネルギービジネスに取り組んでいる企業や同分野への進出を目指す企業を対象に、同ビジネスのトレンドをはじめ、企業の先進的な取り組み事例や、国・自治体の環境施策の最新動向などを取り上げる「環境・エネルギービジネス研究会」を設置いたします。
本研究会は、全6回の講演会からなるメンバー制のプログラ ムで、各講演会の開催に先立ち、事前に講師への質問を受け付け、質問内容について講演の中で取り上げていただきます。貴社の今後の事業展開にお役立ていただけるものと存じますので、ぜひ、本研究会にご入会くださいますよう、ご案内申し上げます。

<研究会の開催概要>
開催回数 6回/年(6月~11月を予定)
※第1回:6月2日、第2回:6月21日、第3回:7月27日、
 第4回以降は9月、10月、11月 各月下旬の開催を予定
開催時間 15:00~17:00(原則)
※第1回例会後は17:00~18:00に交流会を開催いたします。
開催場所 原則として、大阪商工会議所 会議室(大阪市中央区本町橋2-8)
※地下鉄堺筋本町・谷町四丁目駅より各徒歩8分
対  象 環境・エネルギービジネスに取り組んでいる企業、新規参入を目指す企業など
年 会 費 大商会員:50,000円  / 一般:100,000円(いずれも 1口・税込み)
ご入会1口につき、1名の例会への参加が可能です
非会員の皆様へ
大阪商工会議所では、販路開拓、人的ネットワーク拡大、経営・融資相談、人材育成支援など企業経営の課題解決に向けた多彩な事業を展開しております。ぜひ、この機会にご入会をご検討ください。 http://www.osaka.cci.or.jp/nyuukai/
申込方法
別紙申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。
ご入会登録者には、後日「請求書」を送付させていただきます。
FAXにてお申込み

※申込書はPDFファイルです。PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerの無料ダウンロードはこちらをクリックしてください。

ご記入いただいた情報は、大阪商工会議所からの各種連絡・情報提供のために利用するのをはじめ、講師には参加者名簿として配布します。
※大商の個人情報保護基本方針及び個人情報の取得・利用・提供に関するお知らせ

各例会の
案内方法
入会申込書の登録者を「ご登録会員」とし、例会のご案内等の連絡はその都度ご登録会員に
EメールまたはFAXにてご案内いたします。(代理出席も可能です

各例会の開催案内時に講師への事前質問を受け付けいたします。
*進行上、全てのご質問にお答えできない場合がございますので予めご了承ください。

<当面の例会開催予定のご案内>
*講師等の都合により日程、テーマ等は変更になる場合がございます。
日 時 テーマ・講師
6月2日(金)
15:00~17:00
【交流会】
17:00~18:00
「途上国に広がる『適応』ビジネス市場の可能性とビジネスチャンス」
日経BP社 日経エコロジー副編集長 馬場 未希 氏
*講演後はメンバーの相互交流を図っていただく「交流会」も開催します。
(交流会費は年会費に含まれています)
6月21日(水)
15:00~17:00
「AI・IoTの活用でめざす環境ビジネスの変革」
日本電気(株) デジタル戦略本部 主席事業主幹 山田 達也 氏
7月27日(木)
15:00~17:00
 
「燃料電池・水素関連産業の最新動向と新規参入のポイント」
技術研究組合FC-Cubic 専務理事 大仲 英巳 氏

(元・トヨタ自動車FCV開発部長)

※第4~6回は研究会メンバーのご意見を聞きながら、講師を選定いたします。
<開催テーマ案>
水ビジネス、バイオマスエネルギー、環境リスク、環境規制動向、
         新エネルギー(地熱、潮流、次世代太陽光等)、蓄電池、二国間クレジット制度 など
 
<平成28年度 環境・エネルギービジネス研究会 開催実績>

テーマ・講師(所属役職は当時のもの)
1

「成長を続ける環境・エネルギービジネスの未来」

神戸大学大学院 科学技術イノベーション研究科教授 尾崎 弘之 氏
2

「環境・エネルギー分野における世界市場動向~市場動向からビジネスチャンスを探る~」

(株)三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部                        
次世代環境事業戦略グループ グループリーダー  高島 由布子 氏

3

「水素社会構築の必要性と水素・燃料電池関連分野への参入のポイント」

(公財)水素エネルギー製品研究試験センター 特別アドバイザー 中村 博 氏
4
「蓄電池産業の世界的動向と大阪における期待」
           テュフラインランドジャパン(株) 関西テクノロジーセンター

バッテリー試験 ラボラトリー セールスエグゼクティブ 山本 晃久 氏

大阪府 商工労働部 バッテリー戦略研究センター バッテリー戦略研究センター長 美藤 靖彦 氏
5

「企業における気候変動への適応とビジネスチャンスについて」

法政大学 サステイナビリティ実践知研究機構 サステイナビリティ研究所 教授 白井 信雄 氏
6

「『2度目標』実現に向けた次世代技術の動向について
               ~CFRF(炭素繊維複合材料)、セルロースナノファイバーと全固体電池~ 」

日経BP社 日経エコロジー副編集長 相馬 隆宏 氏
 
[ 問い合せ先 ]
大阪商工会議所 経済産業部 産業・技術振興担当
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-8
TEL:06(6944)6300 FAX:06(6944)6249
2017.4.13更新

Copyright(C) 1996-2017 大阪商工会議所