経済産業部

政府への要望や景気動向調査の他、AIやIOT、ライフサイエンス等に関する
革新的な技術を活用した産業振興、企業支援に精力的に取り組んでいます。
まさに大阪の商工業の発展・繁栄をミッションとする部です。

画像

担当

経済担当

会員企業のビジネス環境の改善や大阪経済の活性化に向けて、国や地方自治体に対し政策や制度の改善を求めることが経済担当の仕事です。具体的には、景気対策、経済政策をはじめ、資金繰り支援や補助金など中小企業支援策、税制、社会保障制度、会社法など、事業活動に関わる各種制度について、会員企業の意見を踏まえて要望を取りまとめ、その実現に向け政府、地元自治体などに働きかけています。
企業が事業活動を行う上では、会社法をはじめ、税金や社会保険料の負担など、法律や規制などのルールに基づいて事業活動を行う必要があります。しかし、経済・社会・国際情勢、時代の変化などによって、あるべき制度や政策も変化します。経済担当では、こうした情勢変化を踏まえて、企業の活力増進や大阪経済の活性化の観点から、より良い制度を提言しています。

画像 (写真上)財務省幹部との意見交換会
(写真左下)中小企業庁長官への「中堅・中小・小規模企業対策要望」
(写真右下)自民党総務会長・税制調査会副会長への「税制改正要望」

産業・技術・水ビジネス振興担当

日本の基幹産業である製造業。中でも大阪・関西は、機械、電子、金属、化学など幅広い産業分野において高い技術力を有する企業が集積し、産業・経済や市民生活にインパクトを与えるさまざまなイノベーションを創出してきました。そうした地域的な強みを生かしながら、産産連携や産学官連携などを通じて、市場競争力を有する付加価値の高い次世代のものづくりを振興するための各種事業を担当しています。

ドローンビジネス研究会先進事例や施策紹介、事業連携の機会創出を行い、ドローン産業の振興を図る。
画像 画像 (写真上)大企業と中小企業のオープンイノベーションを支援する「MoTTo OSAKA フォーラム」
(写真下)人工知能技術の普及を促進する「人工知能技術コンソーシアム」関西支部

ライフサイエンス振興担当

大阪・関西が強みを有し、今後大きな成長が期待されるライフサイエンス分野(主に「創薬」、「医療機器」、「ヘルスケア」)において、産学連携を通じた新たな製品・サービスを創出するためのプラットフォームを運営しています。
プラットフォームは、大阪・関西のみならず、日本、さらにはグローバルな市場を対象とし、大阪・関西に、国内外から多様で高度な人材・企業・研究機関等を呼び寄せることで、ライフサイエンス分野における国際的なイノベーション創出拠点を形成することを目指しています。

ニーズ収集からマッチング、試作、薬事、販売までトータル支援 産学連携による創薬支援 ヘルスケア産業振興の一つとして機能性表示食品制度の活用を支援
画像 (写真上)次世代医療システム産業化フォーラム「医工連携マッチング例会」
(写真下)創薬シーズ・基盤技術アライアンスネットワーク概要
Field TOP