ドローンビジネス研究会

 ドローンの研究開発・ビジネス利用を進める全国団体「一般社団法人日本ドローンコンソーシアム」(会長:野波健蔵・千葉大学特別教授)と大阪商工会議所が連携し、ドローンビジネスに関心を有する企業をメンバーとする活動に取り組んでいます。
 ドローンビジネスの最新動向や先進事例、日本ドローンコンソーシアムの活動を紹介する例会を開催するほか、関西を活動フィールドとする実証事業プロジェクトの推進を支援します。

ドローンビジネス研究会

一般社団法人日本ドローンコンソーシアム

本研究会は同コンソーシアムの大阪・関西地域部会としても活動しています。本研究会へ参画するには、原則として同コンソーシアムへの入会が必要で年会費は30,000円/社です。なお、同コンソーシアム理事会で承認の後、入会が認められます。研究会活動の事業内容によって別途参加費が必要となります。

対 象

ドローンビジネスの活用に関心のある企業など

開催頻度

年間3~4回程度

開催予定

※詳細は本ウェブサイトのトップページ「新着情報」などでご案内いたします。

例会参加費

一般社団法人日本ドローンコンソーシアム会員:1,000円/人(税込)
一般社団法人日本ドローンコンソーシアム非会員・大商会員:5,000円/人(税込)
一般社団法人日本ドローンコンソーシアム非会員・大商非会員:8,000円/人(税込)

主な活動
01
情報提供や具体的な取り組みの
支援ビジネス活動の支援
例会の開催
  1. ドローンビジネスの最新動向等の紹介
  2. 先進事例の発表
  3. 事業連携の提案を通じたビジネスマッチング(随時)
  4. 交流会
ワーキンググループの開催

ビジネスマッチング後、当該事業者同士による新たなビジネス創出に向けた検討

02
実証事業の推進

大阪商工会議所と大阪市との間で締結した、先端技術(ドローンや人工知能など)の実証実験を企業が行いやすくする提携に基づき、ドローンを活用した実証実権の場の提供を支援

03
普及に向けた啓発活動
  • ドローンの操縦技術教習を行うスクール実施への協力
  • ドローンの適切な活用に向けた実態調査、政策要望など
本件担当
大阪商工会議所経済産業部

TEL:06-6944-6300

【参考】2016(平成28)年度開催実績
キックオフ事業 3月30日開催(参加者数192名)
  1. 開会挨拶

    大阪商工会議所 副会頭 古川 実

  2. 基調講演

    「国産ドローン開発の最前線とコンソーシアムの役割」
    ミニサーベイヤー コンソーシアムネクスト 会長 野波 健蔵 氏
    (株式会社自立制御システム研究所 代表取締役、千葉大学特別教授)

  3. 事例紹介
    1. 三信建材工業株式会社
    2. サトーホールディングス株式会社
第1回例会 5月23日(参加者数57人)
  1. 講演

    「無人航空機に関する安全飛行ルールの現状と今後の見通し」
    国土交通省航空局安全部安全企画課無人航空機企画調整官 甲斐 健太郎 氏

  2. 講演

    「無人航空機の飛行に関する許可承認申請の現状とトピックス」
    行政書士八角浩史事務所 八角 浩史 氏

  3. 事例紹介

    「橋梁・トンネル用打音点検ドローンの研究開発」
    日本電気株式会社パブリックSC統括本部
    新事業推進部マネージャー  西沢 俊広 氏

第2回例会 8月5日(参加者数59名)
  1. 講演

    「ドローン産業発展のための課題」
    (一社)ミニサーベイヤーコンソーシアム会長 野波 健蔵 氏
    (株式会社自律制御システム研究所代表取締役、千葉大学特別教授)

  2. 事例紹介

    「楽天のドローン配送サービス『そら楽』実証結果と今後の取り組み」
     ~第一弾プロジェクト:ゴルフ場でのデリバリーサービスについて~
    楽天株式会社新サービス開発カンパニー事業企画部ゼネラルマネージャー
    兼 ドローンプロジェクト推進課シニアマネージャー     向井 秀明 氏

  3. 情報提供

    「ミニサーベイヤーコンソーシアム認定スクールの現状報告」
    (一社)ミニサーベイヤーコンソーシアム技能検定委員会委員長
    株式会社スカイスコープソリューションズ代表取締役社長  酒井 学雄 氏

第3回例会
  1. 日 程:

    平成28年12月12日(月)

  2. 講 演:

    「農林業分野への無人航空機活用の最新動向」
    (一社)農林水産航空協会 常務理事 長谷川 裕 氏

  3. 事例紹介:

    「農業用ドローンの可能性と展望」
    株式会社エンルートM’s 代表取締役 辺見 俊彦 氏
    「高積載に向けた大型ドローンの開発・技術動向と農業への活用」
    八洲電業株式会社 代表取締役 橋爪 賢治郎 氏
    ※交流会を開催

「ミニサーベイヤー」操縦者養成スクール(関西エリア初開催) 平成28年9月6日~9日
  • 会場:

    大阪工業大学大宮キャンパス

  • 主催:

    (一社)ミニサーベイヤーコンソーシアムの技能検定委員会

  • 内容:

    操縦者の養成プログラムとして運用している技能検定制度に基づき、ドローンの飛行原理、法規制、安全ガイドラインといった学科の他、パソコンを使用したシミュレータ練習、練習機によるフライト実技、検定機によるフライト実技などを実施した。今回の受講者2名(定員4名)。講師はミニサーベイヤー飛行技能の指導資格を有する株式会社モー・チェ、飛行許可申請や受講者募集、様々な実施準備は株式会社 E・C・Rの取扱いにより実施。

2回目のスクールを平成29年1月に実施。3回目を平成29年3月7日~10日に実施予定。

「ミニサーベイヤー」デモフライト 平成28年11月25日
  • 会場:

    大阪市消防局高度専門教育訓練センター

  • 主催:

    (一社)ミニサーベイヤーコンソーシアム大阪・関西地域部会

  • 内容:

    第4回大阪府下警防技術指導会(大阪府下27消防本部が参加)にあわせて実施。同訓練センター内の鉄筋コンクリート建物(10階建て)での大規模火災発生を想定した訓練において、はしご車からの放水作業をドローンで空撮。撮影した画像は、地上の本部席に設置したモニター画面へ伝送することで上空からの映像をリアルタイムで把握し、消火現場の判断への活用を提案した。当日は、ドローン操縦・映像撮影は株式会社エネルギア・コミュニケーションズ、株式会社モー・チェ、飛行許可申請や映像機器の設置は株式会社E・C・R。