• 大阪商工会議所

  • ENGLISH
  • 中文
  • 地図・連絡先
  • 各支部へ
  • サイトマップ
A ホーム ú 産業・技術 ú ライフサイエンス ú (2/24)ここから始める 未来のウェルネス―EXPO 2025への挑戦とその先へ―

(2/24)ここから始める 未来のウェルネス―EXPO 2025への挑戦とその先へ―

ソニーグループ クリエイティブセンター センター長・石井大輔氏×メディアアーティスト・落合陽一氏のセッション
  • 無料イベント
  • シンポジウム
未来のウェルネスはどのように実現されているのか?
あなたは2025年大阪・関西万博で、どのような未来を描きたいか?

EXPO2025から10年後の将来。
ヘルスケアとメディカルはシームレスにつながり、生活シーンに溶け込むプロダクトやサービスの開発、情報や空間のデザイン 及び その実装が進んでいるだろう。

未来を理想に近づけるためには、課題を克服するためのテクノロジーの力と、新たに生まれたコンセプトが受け入れられるためのデザインの力がカギを握る。

加えて重要な点がビジネスモデルだ。
DXを推進し、人々が享受できるウェルネスの価値全体を俯瞰したうえで、個別のサービスを設計するなど、単独ではなく複数者の連携のあり方が模索されている。

こうした認識のもと、本カンファレンスでは、キーノートセッションとして、ソニーグループ クリエイティブセンター センター長の石井大輔氏メディアアーティストの落合陽一氏の邂逅を通して、未来のウェルネス像を考える。
後半では、数々のヘルスケアプロダクトを生み出してきたグローバルカンパニーの執行役員、臨床現場を通して女性のココロとカラダに向き合うドクター、人と空間のより良い関係を作るデザイナー、PHRの実現に不可欠データ連携基盤ソリューション等を提供するスタートアップのファウンダーを交え、ウェルネスにおける課題や、デジタルテクノロジーを前提としたビジネスモデルなどについて、パネルディスカッションを行う。

モデレーターは、テクノロジーを起点に未来の生活、社会、カルチャーを考える雑誌『WIRED』日本版編集長の松島倫明氏

なお、大阪商工会議所は、未来のウェルネスの実現に向けて、産学連携・産産連携の促進や、DXから生まれるサービス等の実装支援を進めている。
その一つのアウトプットの場として、一般社団法人日本オフィス家具協会と連携して、2025年大阪・関西万博に出展する大阪ヘルスケアパビリオン内の中小企業・スタートアップの展示を企画した(大阪ヘルスケアパビリオン Nest for Reborn リボーンチャレンジ認定事業)。
多くの働き手が、1日の約1/3を過ごすオフィスをシーンに未来のウェルネスを提案する。
本カンファレンスでは、展示企画のテーマ「ウェルネスを実現するテクノロジーと空間」についても紹介する。

開催日時

2023年2月24日(金)

開催時間 等

15:00-17:15

場所

ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター ホールA/Zoomウェビナー
x 地図情報はこちら

対象

全対象向け

主催

大阪商工会議所

共催

近畿経済産業局

協力

一般社団法人日本オフィス家具協会
一般社団法人夢洲新産業・都市創造機構
⼀般財団法⼈関⻄情報センター

後援

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会

参加費

無料

キーノートスピーカー

ソニーグループ株式会社 クリエイティブセンター センター長
石井大輔 氏
1992年ソニー入社。ハンディカム、ウォークマン® 、AIBOなどのプロダクトデザインを担当。2度の英国赴任を経て、AIロボティクス、モビリティ、ドローンなどの新規領域や、R&D、コーポレートブランディング等幅広い領域のID/UIUX/CDを含む統合的なクリエイティブディレクションを担う。2021年よりセンター長に就任。2016/2021年 iF Award 審査員(ドイツ)、2019/2022年 DFA Award審査員(香港)、2022年ミラノ工科大学客員教授。

キーノートスピーカー

メディアアーティスト
落合陽一 氏
メディアアーティスト。1987年生まれ、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の早期修了)、博士(学際情報学)。筑波大学デジタルネイチャー開発研究センターセンター長、准教授・JSTCRESTxDiversityプロジェクト研究代表。IPA認定スーパークリエータ/天才プログラマー。ピクシーダストテクノロジーズ代表取締役。
2017年 - 2019年まで筑波大学学長補佐、2018年より内閣府知的財産戦略ビジョン専門調査会委員、内閣府「ムーンショット型研究開発制度」ビジョナリー会議委員及び内閣府ムーンショットアンバサダー、デジタル改革法案WG構成員、2020-2021年度文化庁文化交流使、大阪・関西万博テーマ事業プロデューサーなどを歴任。
2015年WorldTechnologyAward、2016年PrixArsElectronica、EUよりSTARTSPrizeを受賞。LavalVirtualAwardを2017年まで4年連続5回受賞、2017年スイス・ザンガレンシンポジウムよりLeadersofTomorrow選出、2019SXSWCreativeExperienceARROWAwards受賞、2021年MIT Technology Review Innovators Under 35 Japan、2021 PMI Future 50、Apollo Magazine 40 UNDER 40 ART and TECHなどをはじめアート分野・テクノロジー分野で受賞多数。
個展として「ImageandMatter(マレーシア・2016)」、「質量への憧憬(東京・2019)」、「情念との反芻(ライカ銀座・2019)」など。その他の展示として、「AI展(バービカンセンター、イギリス・2019)」、「計算機自然(未来館・2020)」など多数出展。著作として「魔法の世紀(2015)」、「デジタルネイチャー(2018)」など。写真集「質量への憧憬(amana・2019)」など。メディアアートを計算機自然のヴァナキュラー的民藝と捉え、「物化する計算機自然と対峙し、質量と映像の間にある憧憬や情念を反芻する」をステートメントに、研究や芸術活動の枠を自由に越境し、探求と表現を継続している。

パネリスト

オムロン ヘルスケア株式会社 執行役員 循環器疾患事業統轄部長
吉村実 氏
1993年オムロン株式会社入社。健康医療機器事業部(現オムロンヘルスケア株式会社)において国内向けの営業、営業企画・マーケティング、欧州・アジア現地法人のマネジメント、グローバル商品企画に従事。その後、オムロン本社 グローバル戦略部への出向を経て、2019年度より循環器疾患事業統轄部長に就任。血圧計などのデバイス、アプリ、サービス事業を統轄。2021年より執行役員に就任。

パネリスト

女性のための統合ヘルスクリニックイーク表参道 副院長
高尾美穂 氏
医学博士。産婦人科専門医。婦人科診察を通し、女性の健康を幅広くサポート。働く女性のための産業医として企業を支える傍ら、内閣府男女共同参画局、人事局等で教育講演を担当。また、婦人科スポーツドクターとして日本スポーツ協会ではスポーツドクターの養成に携わる一方、骨盤底筋トレーニングヨガ、アスリートヨガをはじめ、ヨガ指導者を育成するセッションも積極的に行っている。

パネリスト

株式会社TATAMI 代表取締役 / エルゴノミスト
高原良 氏
1984 年、岡⼭県⽣まれ。川崎医療福祉⼤学医療技術学部健康体育学科卒業、千葉⼤学⼤学院⼯学研究科デザイン科学専攻修了(修⼠)。オフィス家具メーカーを経て、2020年にワークプレイスの設計とリサーチを専⾨とする株式会社TATAMIを設⽴。⼈間⼯学の視点から、働く環境がウェルビーイングに与える影響を研究し、経済産業省「健康経営オフィスレポート」の策定などにも携わる。桑沢デザイン研究所 ⾮常勤教員、千葉県⽴保健医療⼤学 ⾮常勤講師。

パネリスト

Planetway Corporation 代表取締役社長CEO/Founder
平尾憲映 氏
1983年福井県生まれ。エンタメ、半導体、IoT分野で、3度の起業と1度の会社清算を経験。米カリフォルニア州立大学卒業後、ソフトバンク(株)を経て、2015年グローバルスタートアップ(米国、日本、エストニア)のPlanetway創業。2018年、日本代表企業の7社として、安倍総理(当時)のエストニア首相表敬訪問に同行。2020年1月のダボス会議にて、『データ個人(パーソナルデータ)主権時代の実現』についてのビジョンを発表。2022年、興和株式会社とのプロジェクトにおいて自社の2製品(PlanetCross/PlanetID)が導入され、世界初のパーソナルヘルスケアデータコントロールサービス実証実験における基幹テクノロジーの開発を担当。パーソナルデータの民主化に向けた資本主義の進化について独自のビジョンを掲げている。

モデレーター

『WIRED』日本版 編集長
松島 倫明 氏
未来を実装するメディア『WIRED』の日本版編集長としてWIRED.jp/WIREDの実験区"SZメンバーシップ"/雑誌(最新号VOL.47 特集「THE WORLD IN 2023」)/WIREDカンファレンス/Sci-Fiプロトタイピング研究所/WIRED特区などを手がける。NHK出版学芸図書編集部編集長を経て2018年より現職。内閣府ムーンショットアンバサダー。21_21 DESIGN SIGHT企画展「2121年 Futures In-Sight」展示ディレクター。訳書に『ノヴァセン』(ジェームズ・ラヴロック)がある。東京出身、鎌倉在住。

開会挨拶

大阪商工会議所 副会頭 / 一般社団法人日本オフィス家具協会 会長
黒田 章裕
1949年、大阪府生まれ。1972年慶應義塾大学経済学部卒業後、コクヨ株式会社入社。
1989年に39歳で代表取締役社長に就任。26年間社長を務め、2015年代表取締役会長に就任、2020年代表権を返上し会長に就任。2017年関西経済同友会代表幹事就任(任期2年満了)、2019年日本オフィス家具協会会長に就任。2020年大阪府工業協会会長及び大阪商工会議所副会頭に就任。同年春、旭日中綬章。趣味はクラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、ゴルフ。

プログラム

開会挨拶(15:00-15:05)

 黒田章裕(大阪商工会議所 副会頭/一般社団法人日本オフィス家具協会 会長)

キーノートセッション(15:05-15:55)

「2035 未来のウェルネス」
 石井大輔 氏(ソニーグループ株式会社 クリエイティブセンター センター長)
 落合陽一 氏(メディアアーティスト)※オンライン登壇
 松島倫明 氏<モデレーター>(『WIRED』日本版 編集長)

EXPO2025出展企画説明(15:55-16:10)※大阪ヘルスケアパビリオン Nest for Reborn リボーンチャレンジ認定事業

 笹本慧(大阪商工会議所 産業部 ライフサイエンス振興担当)

パネルディスカッション(16:10-17:10)

「領域の融合と実装」
 吉村実 氏(オムロン ヘルスケア株式会社 執行役員 循環器疾患事業統轄部長)
 高尾美穂 氏(女性のための統合ヘルスクリニックイーク表参道 副院長)
 高原良 氏(株式会社TATAMI 代表取締役)
 平尾憲映 氏(Planetway Corporation 代表取締役社長CEO/Founder)
 松島倫明 氏<モデレーター>(『WIRED』日本版 編集長)

閉会挨拶(17:10-17:15)

 伊吹英明 氏(経済産業省 近畿経済産業局長)

定員

(会場)300人(LIVE配信)500人(申し込み先着順)

お申込み方法

Covid-19の感染拡大状況等により、入場制限が必要になる場合は、申し込み先着順にて、お受付いたします。
úお申し込みフォームへ

個人情報の取扱い

ご記入頂いた情報は、大阪商工会議所(データ管理責任者)および共催者(近畿経済産業局)間で共同で利用し、本事業の事務業務に利用するとともに、大阪商工会議所および共催者からの各種連絡・情報提供(eメールによる事業案内含む)に利用します。また、登壇者には参加者名簿として提供します。これらについては申込者ご本人に同意いただいたものとして取り扱わせていただきます。
※大商の特定個人情報を含む個人情報保護基本方針及び特定個人情報を除く個人データの取り扱いに関するお知らせ

お問い合わせ先

◆大阪商工会議所 産業部 ライフサイエンス振興担当
 TEL:06-6944-6484 Email:bio@osaka.cci.or.jp