• 大阪商工会議所

  • ENGLISH
  • 中文
  • 地図・連絡先
  • 各支部へ
  • サイトマップ
A ホーム ú 経営・実務 ú 経理・財務・税務・記帳 ú 経営に活かす決算書の読み方

経営に活かす決算書の読み方

簿記の知識がなくてもわかる 利益が出る仕組みと企業が取るべき対応
  • 会員優待(会員無料)のイベント
  • セミナー・講習会
「どこに手を打てば利益が出るのか」「取引先の経営状態はどうなっているのか」──。利益を確保し続けるためには決算書(損益決算書(P/L)、貸借対照表(B/S)、キャッシュフロー計算書(C/F))のつながりを理解し、自社や取引先の財務状態や経営成績、資金繰り状況等を把握して的確な対処法を考えることが必要です。
 本講座では決算書の数字の意味や簡単な経営指標を理解することで、簿記の仕組みを知らなくても経営改善の勘定がわかるように解説します。
みなさま、奮ってご参加ください。

開催日時

2021年11月12日(金)

開催時間 等

午後2時~4時

場所

阿倍野市民学習センター 第一研修室(大阪市阿倍野区阿倍野筋3-10-1-300 あべのベルタ3階)
x 地図情報はこちら

対象

全対象向け (※経営者のほか、幹部や中堅社員の方にも受講をお勧めします。)

主催

大阪商工会議所 南支部

受講料

会員の方:無料
特商・一般の方:5,000円

エクジット株式会社  代表取締役 公認会計士・税理士
加藤 弘之氏

内容

1.財務3表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)のつながりを理解する
 ~財務3表のどこを見れば何がわかるか~
 決算書(B/SとP/Lは経営の静止画像、経営(ビジネス)の流れ、B/SとP/Lで何がわかるか
2.経営状況を理解する決算書の見方、読み方 
 ~企業がいくら儲かっているか、資金繰りは大丈夫か、効率の良い経営をしているか~
 P/L(会社の儲け具合)の構造、B/S(会社の財産)の構造、C/F(お金の流れ)の話
3.決算書からわかる企業の財務体質と経営課題の見つけ方
 ~自社の現状と将来性を知る、取引先の倒産リスクはどれくらいか~
 回転率、投資効率、損益分岐点分析(固定費と変動費)、労働生産性分析、PDCAサイクルを回す

定員・持参品

〈定員〉40名(1社2名様まで)
〈持参品〉受講票、筆記用具、有料受講者の方は受講料

その他

(1)座席間隔の確保、消毒液の設置、マスクの着用等、新型コロナウイルス感染症対策を講じて開催します。
(2)発熱や咳等の風邪症状がみられる方や新型コロナウィルス感染の懸念がある方は参加をご遠慮ください。
(3)本事業は大阪府の小規模事業経営支援事業費補助金の一部を受けて実施しているため、大阪府へ実施報告をいたします。講習会参加の際には、必ずアンケートにご協力賜わり、事務局まで提出ください。アンケートをご提出いただけなかった場合、後日メール・FAX等でご連絡申しあげることがございますので、ご了承ください。

お申込み方法

◆下記のお申し込みフォームからお申込みいただくか、申込書をダウンロードの上、所定の事項を記入し、FAX(06-6771-2257)にてお申込みください。
◆講演会の1週間前に会場の地図を記載した受講票をFAXします。
◆申し込みしたにもかかわらず、受講票が届かない場合はお手数ですが下記お問合せ先までご連絡ください。
◆申し込み後、受講をキャンセルされる場合はご連絡ください。
úお申し込みフォームへ úFAXでのお申し込み用 申込書ダウンロード

個人情報の取扱い

ご記入頂いた情報は、本事業の事務業務に利用すると共に主催者(大阪商工会議所)からの各種連絡・情報提供(eメールでの事業案内含む)に利用します。また大阪府(事業費補助金交付元)と講師へ参加者名簿として提供します。これらについては申込者本人が同意したものとして取り扱わせて頂きます。
※大商の個人情報保護基本方針及び個人情報の取得・利用・提供に関するお知らせ

お問い合わせ先

大阪商工会議所 南支部(担当:木谷)
TEL:06-6771-2211/FAX:06-6771-2257