医療機器相談窓口のご案内<事前予約制>
関西広域連合では、「医療機器相談窓口」を設置し、医療機器メーカーはじめ モノづくりメーカー出身者、弁理士等、経験豊富なアドバイザーによる相談を行っています。 是非ご活用ください。
<主な相談内容>
・医療機器ビジネスへの参入に関する相談
・医療機器の企画・開発に関する相談
・医療機器の薬事申請、業許可に関する相談
・その他、医療機器等に関する各種相談
※医療現場の周辺機器や用品(非医療機器)に関するご相談も承ります。
日 時

原則、毎週木曜日 10時~17時(年末年始・祝日を除く) <1面談1時間以内>
※ご希望に添えない場合もございます。あらかじめご了承ください。

場 所

大阪商工会議所 会議室 (大阪市中央区本町橋2-8)
大阪イノベーションハブ(大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館7階)
オンラインでの面談
※ご相談内容によって、ご希望に添えない場合もございます。あらかじめご了承ください。

費 用

無 料(対象:関西広域連合の産業振興分野に参画する府県に事業所がある企業等)
※滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、徳島県
※自社が相談対象となるか等、ご不明点がございましたら事務局までお問い合わせください。

医療機器相談の流れ
申込方法

※相談内容欄には、機密情報にあたる内容を記載しないよう、お願いいたします。
お申込みはこちら
■備 考 本相談を契機に発生したトラブル・損害等について、関西広域連合及び大阪商工会議所は、一切の責任を負いません。相談事項に応じて、各府県薬務主管課、PMDA(医薬品医療機器総合機構)等、別途、各種専門機関へご相談が必要となる場合がございます。

※ご記入頂いた相談者の情報、相談内容は、関西広域連合の各府県市へ情報提供することがあります。

相談事例

【参入相談】
Q.
医療機器ビジネスに参入したいがどのように進めていけばいいかアドバイスが欲しい。

A. 現場ニーズや医療機器企業が持つニーズを収集するようアドバイス。あわせて自社の医療機器ビジネスでの立ち位置、①研究開発型、②部材供給型、③製造業型、④医療機器メーカー型(製造販売業+製造業)などについても説明。


【薬事相談】
Q.
医療従事者と開発している機器が医療機器に該当するのか教えてほしい。

A. 医療機器の定義やクラス分類について解説し、使用目的や標榜したい効果効能等によって、該当・非該当が決まることを説明。

【販路相談】
Q.
薬事申請まで自社で行う予定であるが、販路をどのように開拓すればよいか分からないのでアドバイスがほしい。

A. 同社製品の事業計画を確認したうえで、候補となり得る販売業者等と連携する方法についてアドバイス。


<主催> 関西広域連合(業務実施:大阪商工会議所)
<お問い合せ連絡先>
事務局:大阪商工会議所 産業部 ライフサイエンス振興担当
(「令和3年度 関西広域連合医療機器相談事業運営業務」受託機関)
E-mail:bio@osaka.cci.or.jp
Tel:06-6944-6484

カウンター