HOME

ハラスメント対策 社内研修講師派遣

2020年6月(中小企業は体制の整備の猶予のため2022年4月)に、
「パワハラ防止法(正式名称:改正労働施策総合推進法)」が施行
され、
事業主には「雇用管理上必要な 措置を講じること」が義務付けられます。
同法では、企業側に相談窓口の設置や再発防止対策を求めるほか、
行政の勧告に従わなかったときは、企業名が公表されることとなります。

社内における具体的なハラスメント防止策として、企業の対策等の明確化やその周知・啓発(講習会の実施など)が有効な手段となりますが、社内の総務・人事など管理部門だけで社内の周知や労働者への理解を浸透させることは難しいという現状があります。
一方、対策を怠り、その結果ハラスメントが発生し、訴訟が起こった際には、会社として金銭的な損失のみならず、社会的なダメージは計り知れません。

そこで、大阪商工会議所では、さまざまな講師派遣型研修のなかでも、近年、企業様から最もご要望の高い
 「ハラスメント対策」研修について
 1.専門家(弁護士)による研修
 2.同分野での知見を持つ定評のある講師による研修
 をご用意しており、企業内での周知・啓発にお役立ていただけます。
◆@専門家(弁護士)による研修
対  象:管理職・経営幹部対象、または一般社員対象
研修時間:(目安)2時間〜4時間 (ご要望に応じた時間でプログラムいたします)
主な特徴:多くの事例、判例や、会社の就業規則をもとに、ハラスメントの定義、コンプライアンス順守の意識付けを行うとともに、会社としての取り組みや相談体制の整備等を学びます。
 
<研修プログラム例(2時間)>
ハラスメントがもたらすダメージ
 1.  パワー・ハラスメント  ・パワハラとは(実態、定義、具体例等)
  職場の実態、法規制、会社独自のルール
  就業環境が害される言動とは?(判例)
  業務上必要かつ相当な範囲を超えるとは?(判例)
 ・注意指導との区別(行動指針5か条)
 2.  セクシュアル・ハラスメント
 ・セクハラとは(実態、定義、具体例等)
  職場の実態、法規制、会社独自のルール
  性的な言動とは?(判例)
 ・なくすための取組み(行動指針5か条)
3. 共通する問題
 ・ハラスメントの場所・時間・手段
 ・相談を受けた時の対応のポイント (グループディスカッション)。
 
◆Aハラスメント分野の知見が豊富な講師による研修
対  象:(管理職・経営幹部対象、または一般社員対象)
研修時間:(目安)半日〜1日 (ご要望に応じた時間でプログラムいたします)
主な特徴:ハラスメントに対する正しい理解・認識を持つ日常の職場環境に対するハラスメント防止への意識を持ち、良好なコミュニケーションスキルとマインドを習得する
 
<研修プログラム例(1日)>

【1】 ハラスメントの現状と具体例
   1. 「ハラスメント」とは何か
   2. 様々なハラスメント
     (セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント・マタニティハラスメント)
 
【2】 ハラスメントへの気づき
   1. セクハラ認識度のセルフチェック 【チェックリスト】
   2. パワハラ認識度のセルフチェック 【チェックリスト】
 
【3】 ハラスメントに対する基礎知識
   1. 個人へのリスク・影響  ・加害者・被害者への影響  【個人ワーク】
   2. 組織へのリスク・影響  ・生産性への影響
   3. 企業の責任・管理職の責任
    ・安全配慮義務
    ・職場のモラルハラスメント
    ・働く人のメンタルウェルネス
   4. なぜハラスメントが起こるのか? 【グループワーク】

【4】 部下指導とハラスメントの違い
   1. この言い方や行動はハラスメント?【ケーススタディ】
   2. 指導とハラスメントの判断基準とは
   3. 部下から「ハラスメント」と勘違いされない叱り方とほめ方
 
【5】 ハラスメントが起こらない職場をつくる
   1. アサーティブ・コミュニケーション
    ・タイプを振り返る 【個人ワーク】
    ・自分の意見や考え、気持ちを伝える力
   2.  イライラとストレスコーピング
    ・パワハラを招かないための怒りのコントロール
   3. 他者の立場を体感する 【ロールプレイング】

【6】 相談を受けたときの対応
   1. 被害者・加害者別相談の受け方スキル
   2.  アクティブリスニング 【ロールプレイ】

【7】 ハラスメント撲滅のために組織として行うこと

 
ハラスメント対策研修 実施フロー
@ 申込・お問合せ

お問い合わせフォームをご利用いただくか、お電話(06−6944−6421)にて 「ハラスメント対策社内研修(講師派遣型研修)」で希望する内容(上記@またはA)、および希望する日程についてお聞かせください。

A 社内研修日程のご確認

  講師の都合を確認し、問題がなければ

  @ 講師略歴、A お見積書 をご提示いたします。
  ※日程、実施場所によって講師の都合がつかず、再度調整を要する場合がございます。
B 決定・ご発注

  研修実施をご決定頂ければ、正式にご発注いただきます。

C 事前打ち合わせ

  予め調整した日時に、講師が貴社をご訪問、基本的なハラスメント対策研修プログラムに
  おいてご要望などを事前に確認し、研修プログラムを最終調整いたします。

  ・大商事務局と講師が訪問いたしますが、都合により講師のみとなる場合がございます。
  ・遠方の場合、メール、お電話での確認とさせていただく場合がございます。
D 実 施

  講師を会場に派遣し、研修を実施いたします。

  ・大商事務局も一部研修に同席いたしますが、講師のみとなる場合がございます。
 ※PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。                           
FAXでお申し込み           ※ワードの申込書(54k)はこちら



大阪商工会議所が主催するセミナー・イベント情報を定期的に配信する「大商メールマガジン」(無料)もご活用下さい。

2020.6.17更新

Copyright(C) 1996-2020 大阪商工会議所

大阪商工会議所のトップページへ