大阪商工会議所前の銅像について 若宮商工稲荷神社について
◎大阪商工会議所前の銅像について
  • 大阪商工会議所ビル南隣りには、大阪商工会議所の会頭3人の銅像が設置されています。
  • 3人の会頭は、それぞれ大阪の近代化や国際化に多大な功績があった方々で、向かって左から初代会頭の五代友厚、7代会頭の土居通夫、10代会頭の稲畑勝太郎です。
◎若宮商工稲荷神社について
  • 銅像の奥にある若宮商工稲荷神社は、大阪商工会議所初代会頭の五代友厚が大阪の商工業発展を祈念して奉祀した「商工稲荷神社」と内本町の大阪商工会議所移転建設用地内にあった「若宮稲荷神社」のご神体と合祀され、新たに建立されたものです。
◎行事等のご案内

○毎月の催し
  • 毎月15日と25日
  • 幟をたてて神社を晴れやかに装い、地元商工業者や地域住民などの参拝者をお迎えしています。

○若宮商工稲荷祭【本年は終了しました】
  • 日時:平成29年5月12日(金)
        午前10時30分〜11時30分
  • 祭礼では御霊神社 から神職をお迎えし、祝詞の奏上や雅楽の奉奏、巫女神楽などが行われ、大阪商工会議所関係者や地元関係者ら出席者による玉串奉奠などの儀式が行われています。
  • 稲荷祭そのものは、上記関係者のみによる非公開の儀式となっていますが、儀式終了後のご参拝は自由に行っていただけます。
  • なお、稲荷祭は、毎年5月に挙行されています。

【ご注意】
○本サイトに記載の一部の文章、表現につきましては、原典に正確でない箇所があるため、修正のうえ記載しています。