なにわなんでも大阪検定関連事業(講座)
※※大阪検定協力事業※※
くすりのまち道修町講座「くすりのまち道修町について知ろう!」
主催: 大阪府立中之島図書館、(指定管理者)株式会社アスウェル
日時: 2018年3月17日(土)14:00〜16:00(開場13:30)
 
場所: 大阪府立中之島図書館 別館2階 貸会議室
(大阪市北区中之島1-2-10)※図書館の正面入口とは別の入口です
○地下鉄御堂筋線/京阪本線「淀屋橋」駅1号出口
○京阪中之島線「大江橋」駅6番出口、「なにわ橋」駅1番出口
料金: 500円

問合せ先: 【定 員】60名(事前申込制/先着順)

【お申込み・お問合せ先】
中之島図書館管理事務所(中之島図書館 本館1階)
TEL:06-6203-0474 FAX:06-7222-3894
E-Mail:eventyoyaku@nakanoshima-library.jp

お申し込みはメール又は案内チラシよりお申込み下さい。詳細はHPをご覧下さい。

地下鉄の北浜駅から淀屋橋駅にかけて東西に広がる「道修町(どしょうまち)」は、古くから薬種商が集まり、現在でも製薬会社が建ち並ぶ「くすりのまち」として有名です。

今回、道修町にあり「神農さん」と呼ばれて親しまれている少彦名(すくなひこな)神社と田辺三菱製薬史料館から講師をお招きして、くすりのまち道修町にまつわる様々なお話をしていただきます。

==========================================

【概 要】

●講義1 14:00〜14:55
少彦名神社 宮司 別所 賢一氏
「くすりのまち道修町の歴史と少彦名神社について」

○休憩 14:55〜15:05

●講義2 15:05〜16:00
田辺三菱製薬史料館 松本 佑子氏
「新しきを拓くは天命なり〜創業340年田辺三菱製薬 挑戦の歴史」

日本でもっとも古い製薬企業・田辺三菱製薬が、時代の変化と社会のニーズに応えながら、どのように研究開発型企業に飛躍していったか。その挑戦の歴史を、道修町のあゆみとともにご紹介します。

HPはこちらからご覧ください