施設(博物館・美術館)
国立国際美術館 開館40周年記念展「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」
主催: 国立国際美術館
日時: 2018年1月21日(日)〜5月6日(日)
【開館時間】10:00〜17:00(入場は16:30まで)
※金・土曜は20:00まで
【休館日】月曜日
※2月12日(月・休)は開館し、13日(火)は休館
※4月30日(月・休)は開館
 
場所: 国立国際美術館(大阪市北区中之島4-2-55)

料金: 【一般】1,200円(900円)【大学生】800円(550円)
●( )内は、20名以上の団体料金●高校生以下、18歳未満無料
●心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明書)
※夜間割引料金(対象時間:金・土曜17:00〜20:00)
【一般】1,000円【大学生】700円
※無料観覧日 3月31日(土)

問合せ先: 国立国際美術館 TEL:06-6447-4680
このたび、国立国際美術では開館40周年を記念し、特別展を開催します。この展覧会には、選りすぐりの所蔵作品はもちろんのこと、本展のために制作された数々の新作や、展覧会場で日々繰り広げられるパフォーマンスなど、新たな試みにあふれています。この展覧会を目撃する人すべてが、時間と空間を越えた「トラベラー」となり、縦横無尽に想像力をめぐらせることのできるまたとない機会となるでしょう。

=====================================
◆◇概 要◆◇

〜展示〜
【第1部】多層の海/Sea of Layers/地下3階展示室
【第2部】時をとらえる/Catch the Moment/地下2階展示室

〜パフォーマンス〜
いずれも地下2階展示室で開催、参加無料、要観覧席。
但し、混み合った場合はご覧いただけないことがあります。

●アローラ&カルサディーラ 《Lifespan》2014年(国立国際美術館蔵)
開館日は毎日開催/平日14:00〜
土日祝及び振替休日 (2月12日、4月30日)/11:00〜、15:00〜
●笹本晃《降伏点》2017年(作家蔵)、作家によるパフォーマンス
1月21日(日) 、3月17日(土)、18日(日)/14:00〜
●ヒーメン・チョン《ショート・パフォーミング・ストーリー》2018年(作家蔵)
予約制。実施日時及び予約の方法については決まり次第お知らせします。

〜関連イヴェント〜
参加無料、ギャラリートークのみ要観覧券

【出品作家トーク】
ヒーメン・チョン、藤井光、小泉明朗 ほか予定
【特別講演会】2018年5月に予定
「まだ見ぬ存在:パフォーマンス・アートにおける法律(仮)」
講師:アラナ・クシュニール(キュレーター/法律家、オーストラリア)
協力:オーストラリア大使館
【ギャラリー・トーク】
1月26日(金)19:00〜、2月17日(土)3月10日(土)14:00〜
会場:国立国際美術館 地下3階展示室(参加無料・要観覧券)
当日開始30分前から聴講用ワイヤレス受信機を貸し出します。(先着90 名)
【ワークショップ】
4月14日(土)、15日(日)
講師:関川 航平氏(本展作品作家)
【40周年記念びじゅつあーすぺしゃる】
3月31日(土)

※パフォーマンス及び関連イヴェントの日時・内容は変更される場合があります。詳しくはHPをご確認ください。