施設(博物館・美術館)
改組 新 第4回日展
主催: 大阪市立美術館、公益社団法人日展
日時: 2018年2月24日(土)〜3月25日(日)
9:30〜17:00(入館16:30まで)
【休館日】月曜日

 
場所: 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82(天王寺公園内)
○各線「天王寺駅」近鉄「大阪阿部野橋駅」下車、北西へ約400m

料金: 【一般】1,000円(800円)
【高大生】700円(500円)※カッコ内は前売り・20名以上の団体料金
大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金となります。
※中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)
※前売券は、主要なプレイガイド、コンビニエンスストアで発売。 販売期間(2017年12月24日〜2018年2月23日)

問合せ先: 大阪市立美術館
TEL:06-6771-4874
日展は、明治40年に文部省美術展覧会として始まり、名称の変更や組織を改革しながら100年をこえる長きにわたって続いてきた日本で最も歴史と伝統のある公募展です。日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書の5部門からなり、日本を代表する巨匠から新人作家の入選作までの多彩な作品の数々を紹介しています。

本展覧会は、東京会場から始まり、京都、大阪、大分、金沢の順に巡回し、全国を巡回する作品と地元作家作品を展示します。

大阪展では、会員作家及び今回の入賞者による基本作品246点と、大阪・兵庫・奈良・和歌山に在住する会員作家の作品や入選作品などの地元作品335点、あわせて581点の作品を陳列します。

============================================
◆◇概要◆◇

【陳列作品数】
日本画・・・・・ 95点
洋画・・・・・・113点
彫刻・・・・・・ 53点
工芸美術・・・・ 78点
書・・・・・・・242点

【主な作品】
・(日本画)想 齊藤 靖子氏(特選)
・(洋画)伊須気余理比売 小灘 一紀氏(会員・内閣総理大臣賞)
・(彫刻)明日へ−2017− 磯尾 隆司氏(会員)
・(工芸美術)驟雨 永澤 永信氏(会員)
・(書)梅の花 黒田 賢一氏(理事・審査員)

【作品解説会】
日展出品作家による作品解説を行います。
○定員:各100名(先着順)
○場所:1階 美術ホール
○時間:14:00〜(開場は13:30)
※参加費は無料ですが、観覧料が必要です。
※日時と解説される講師の詳細はHPよりご確認ください

【作品プレゼント】
土曜日に来館された先着150名様に、美術館入口にて抽選券をお渡しします。
2月24日(日本画)3月3日(洋画)3月10日(彫刻)3月17日(工芸美術)3月24日(書)
※抽選会は10:30より、美術館の中央ホールにて行います。