講演会・シンポジウム(講演会)
『大阪の歴史再発見』「近世大坂の住まいー町家と蔵屋敷」講演会・見学会
主催: 大阪市教育委員会
日時: 2018年2月3日(土)
13:30〜16:00(講演は15:00まで)
 
場所: 大同生命大阪本社 会議室(大阪市西区江戸堀1-2-1)
○地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」下車すぐ(1-A,1-B出口)
○地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」下車、徒歩5分
○地下鉄中之島線「渡辺橋駅」下車、徒歩5分

料金: 無料(事前申込) 

問合せ先: 【定員】100名(応募者多数の場合は抽選)
【応募締切】2018年1月22日(月)必着
※応募方法はHPをご覧ください

【お問合せ】大阪市教育委員会事務局 文化財保護課
 TEL:06-6208-9166 FAX:06-6201-5759

『大阪の歴史再発見』は、大阪市教育委員会が主催する、大阪の歴史と文化財を題材とした講演会・見学会です。見て・聞いて・学ぶ格好の機会です。

============================================
【講 師】
 谷 直樹先生(大阪くらしの今昔館館長・大阪市立大学名誉教授)

【概 要】
大同生命の起源である加島屋は、江戸時代には鴻池と並ぶ豪商でした。現在その商家の佇まいは残っていませんが、伝えられる図面などから当時の暮らしぶりを窺うことができます。また、土佐堀川・堂島川沿いには諸藩の蔵屋敷が軒を連ね、大坂ならではの景観を見せていました。今回は、NHK 朝の連続テレビ小説「あさが来た」の風俗考証を担当された谷直樹先生から、ドラマの話を交えながら江戸時代の大坂の町屋や蔵屋敷について講演していただき、大同生命大坂本社内にあるメモリアルホールの加島屋関係の貴重な歴史資料を見学します。