施設(美術館・博物館・水族館等)(テーマパーク)
企画展「道具のむかしばなし展−ものから学ぶ昔のくらし−」
主催: 大阪くらしの今昔館
日時: 2017年12月16日(土)〜2018年2月10日(土)
10:00〜17:00(入館は16:30まで)
※【休館日】毎週火曜日、年末年始(12月29日〜1月2日)
   
場所: 大阪市立住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館8階企画展示室
〒530-0041 大阪市北区天神橋6丁目4-20 住まいの情報センター8階
○地下鉄、阪急電鉄「天神橋筋六丁目駅」下車3号出口より連絡、エレベーターで8階へ
○JR大阪環状線「天満駅」下車北へ徒歩約7分

料金: 【企画展】300円
【常設展・企画展】一般 800円(団体700円)
         高・大生 500円(団体400円)要学生証提示
 ※団体は20名以上
 ※中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方、大阪市内在住の65歳 以上の方は無料(要証明書提示)
 
問合せ先: 大阪くらしの今昔館
TEL:06-6242-1170 FAX:06-6354-8601
わたしたちのくらしは、この数十年で大きな変化をとげました。古くから使われてきた道具にかわり、それまでになかった電化製品が登場し、料理や掃除、洗濯にいたるまで、より便利で快適な生活を実現してきました。
本展では小学校の学習内容に合わせ、さまざまな生活道具を展示し、くらしのうつりかわりを紹介します。また、昭和期の茶の間を再現した展示や、蚊帳や黒電話など道具に触れる体験コーナーもあります。
さあ、道具たちのむかしばなしに耳をすませ、楽しく昔のくらしを学んでみましょう。

=====================================

【主な展示資料】
仝鼎から使われてきた道具
(羽釜、おひつ、ふご、洗濯板、たらい、火のし、火鉢、こたつなど)
電気やガスを使う道具
(電気釜、ガス炊飯器、電気冷蔵庫、電気洗濯機、など)
再現展示…昭和期の居間
ぢ慮灰魁璽福次腸稍◆黒電話、洗濯板、ローラー付き洗濯機(予定)
 その他…昔の教科書や写真を展示

【関連イベント】
‘段鵡岷蕾顱崙散颪化ける?絵巻で読む付喪神(つくもがみ)」
講師:田中貴子氏(甲南大学文学部 教授)
日時:2018年1月27日(土)14:00〜15:30(受付開始13:30)
会場:住まい情報センター 3階ホール
参加費:無料
定員:100名(要事前申込、先着順)
申込み方法:インターネット、又はハガキ・FAXにて。氏名(ふりがな)、年齢、住所、電話番号、参加人数(4名まで、お連れ様の名前も記載)を記入。

▲錙璽ショップ「障子に親しもう」
日本家屋にはおなじみの障子。破れた障子を修理したり、影絵で遊んだりしながら、障子について学ぼう。
日時:2018年1月20日(土)、2月4日(日)14:00〜
場所:9階木戸門横スペース
参加費:無料
小中学生以下は入場無料、高校生以上の方は常設展の入場料が必要です。
参加人数:先着10名 *事前申し込み不要。直接会場にお越しください。