セミナー(セミナー)
「森人塾」連携企画 特別講演〜里山を考える〜
大阪の里山と自然
主催: 公益財団法人大阪みどりのトラスト協会
日時: 2017年10月15日(日)
13:30〜16:00(受付13:00〜)
 
場所: AP大阪梅田東 日本生命梅田ビル5階
大阪市北区堂山町3-3

●JR線「大阪駅」から徒歩9分
●地下鉄谷町線「東梅田駅」から徒歩4分
●阪急・阪神・地下鉄御堂筋線「梅田駅」から徒歩6分
※地下街「ホワイティうめだ」の「イーストモール扇町」を直進し、「泉の広場」に出ます。
「M10」出口の右側階段をのぼり、地上に出て直進すぐ。

料金: 入場無料
◆定員:100名(要申込み・先着順)

問合せ先: 公益財団法人大阪みどりのトラスト協会
TEL:06-6614-6688 FAX:06-6614-6689
E-Mail:midori@ogtrust.jp
(メールタイトルは「10/15特別講演」とご入力ください。)

◆専用申込みフォーム
http://bit.ly/ogt171015
土地が違えば人の暮らしが違うのと同じく、
大阪の里山と武蔵野の雑木林は同じではありません。
大阪の中でも北摂と生駒と和泉ではやはり異なる点もたくさんあります。
社会環境が変わる中で、江戸の里山と明治の里山、昭和の里山もまた変化しています。
そうした里山像の中に、平成の世の私たちは里山をどのように理解し、活用していけるのか、
そのヒントを探して、里山とそこに生きる生き物について考えてみたいと思います。

◆講師:佐久間 大輔
 大阪市立自然史博物館 学芸課長代理
 1967年神奈川県生まれ
 京都大学大学院理学研究科 博士後期課程単位取得退学
 専門は菌類生態学および里山の民俗生態学

◆イベントページ
http://www.ogtrust.jp/news/entry/000947.html