伝統芸能(その他)
女義太夫の会
「はじめての義太夫ワークショップ」
主催: 咲くやこの花賞受賞者等支援事業実行委員会
日時: 2017年8月26日(土)、9月30日(土)、10月14日(土)、11月11日(土)
 
場所: あべのハルカス近鉄本店ウィング館9階「SPACE9」
(近鉄「大阪阿部野橋」駅、JR・地下鉄「天王寺」駅下車すぐ)

料金: 2,000円〜4,500円
※コースにより異なる。詳細は下部参照。

問合せ先: 咲くやこの花賞受賞者等支援事業実行委員会事務局
(i・ディレクションズ内)義太夫係
TEL:06-6372-6707(平日10:00〜17:30)

日本が誇る伝統芸能・義太夫(語りと三味線)を
知ろう!学ぼう!体験しよう!
========================================
「女義太夫」は、女性が太夫と三味線を勤める義太夫節で、現在では、「女流義太夫」、略して「女義」とも呼ばれています。江戸時代の後期に始まった「女義太夫」は明治時代の中頃、人気スターが次々に登場し、一大ブームとなりました。しかしその後、時代とともに移り変わり、関東大震災以降は急速に低迷していきました。
現在、東京では定期的に公演やワークショップ(体験講座)がおこなわれていますが、大阪では公演の機会がほとんどなく、また次世代の後継者が育っていないのが現状です。こうした状況を少しでも改善し、かつて多くの人々に親しまれた「女義太夫」をもう一度、大阪で盛り上げていくために、咲くやこの花賞受賞の豊澤雛文さんが中心となって体験講座を開催し、次世代への普及を目指します。

義太夫とは・・・
「義太夫節」の略。江戸時代前期、大坂の竹本義太夫が広めた浄瑠璃の一流派。太夫の語りと太棹三味線で語る。
======================================
【ワークショップ】

第1回 平成29年8月26日(土)
“オリエンテーションと実演”13:00−15:00
参加費:2,500円

第2回 平成29年9月30日(土)
「三味線(太棹)」コース 13:00−14:30
参加費:3,000円
「語り」コース 15:00−16:00
参加費:2,000円

第3回 平成29年10月14日(土)
「三味線(太棹)」コース 13:00−14:30
参加費:3,000円
「語り」コース 15:00−16:00
参加費:2,000円

第4回 平成29年11月11日(土)
「三味線(太棹)」コース 13:00−14:30
参加費:3,000円
「語り」コース 15:00−16:00
参加費:2,000円

◇1日で「三味線」「語り」コース両方受講・・4,500円
◆中学生以下 全てのコース・・・1,000円

※料金は前売・当日とも同じ料金です。
◎レクチャーや体験を通して義太夫に親しんでいただくことを目的とした内容です。
◎三味線(太棹)は、会場内で数本貸し出します。お一人様、一本ではありません。順番に体験していただきます。