施設(博物館・美術館)
特別展「ハンガリーの名窯 ヘレンド」
主催: 大阪市立東洋陶磁美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
日時: 2017年4月8日(土)〜7月30日(日) 
 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
※月曜休館(5/1(月)、7/17(月・祝)は臨時開館)、7/18(火)休館
 
場所: 大阪市立東洋陶磁美術館
(京阪中之島線「なにわ橋駅」1号出口すぐ)

料金: 一般1,200(1,000)円、高校生・大学生700(600)円
※( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方(要証明)は無料
※当日割引券あり 詳しくは大阪市立東洋陶磁美術館ホームページの特別展ページをご覧ください。

問合せ先: 大阪市立東洋陶磁美術館
 TEL:06-6223-0055
1826年、ハンガリー南西部の小さな村ヘレンドで、磁器の生産が始まりました。先行のマイセン窯やウィーン窯などの傑作に学んで高い水準に達したヘレンド窯は、ほどなくして「オーストリア帝室・ハンガリー王国御用達窯」として認められるまでになります。1851年のロンドン万国博覧会では、イギリスのヴィクトリア女王からディナーセットの注文を受けたのを機に、一躍その名をヨーロッパ中に広めました。

その後もヘレンド窯は、東洋磁器に学んだ独自の様式を生み出して毎回の万国博覧会で受賞をし、高い評価を保ち続けます。時流が大量生産へと向かう19世紀末、手作業にこだわり常に最高のものを目指したヘレンド磁器は、その芸術性の高さからヨーロッパの多くの王侯貴族に愛され、名実共にハンガリー芸術を代表する存在となり、今日に至っています。

本展では、ブダペスト国立工芸美術館、ヘレンド磁器美術館、ハンガリー国立博物館などが所蔵する約230点の作品により、ヘレンド窯190年の歴史とその魅力をご紹介します。
ぜひ、ご覧ください。