施設(博物館・美術館)
特別展「木×仏像(きとぶつぞう) −飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年」
主催: 大阪市立美術館、産経新聞社
日時: 4月8日(土)〜6月4日(日)
 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
※月曜休館(5/1(月)は臨時開館)
 
場所: 大阪市立美術館
(天王寺公園内)

料金: 一般1,300円(1,100円)、高大生1,100円(900円)
※( )内は、20名以上の団体料金
※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)。
※本展は、大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要です。


問合せ先: 大阪市立美術館
 TEL:06-6771-4874
本展覧会は日本の木彫仏の魅力を再発見することを目的とし、素材である「木」に注目しながら鑑賞していただく企画展です。一本の樹木にこだわり、由緒ある古材にこだわって造られた仏像。その造形に親しみ、楽しむ空間を提供いたします。

何の木で造られたの?どうしてその木なの?どうやって彫ったの?

素朴な疑問に答えながら素材の秘密を探り、技術の妙に目を見張る。本展覧会ではあなたの知らない仏像の世界へご案内いたします。

(出品予定作品:約60件)