施設(博物館・美術館)
第108回特集展示
「関西大学創立130周年記念 関西大学蔵 本山コレクションの精華」
主催: 大阪歴史博物館、関西大学博物館
日時: 2016年10月5日(水)〜11月14日(月)
<開館時間>9:30〜17:00
金曜日は9:30〜20:00
(ただし、11月11日(金)を除く)
 ※入館は閉館の30分前まで
 
場所: 大阪歴史博物館 8階特集展示室
(大阪市中央区大手前4丁目1-32)
(地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目駅」2号・9号出口
大阪市営バス「馬場町」バス停前)

料金: 大人600円(540円)、高校生・大学生400円(360円)
(常設展示観覧料でご覧いただけます。)
※( )内は20名以上の団体料金。
※中学生以下・大阪市内在住の65歳以上(要証明証提示)の方、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
※関西大学及び併設学校の在校生・校友・父母・保護者・教職員(要証明証提示)は無料

問合せ先: 大阪歴史博物館
 TEL:06-6946-5728
 FAX:06-6946-2662
  関西大学の珠玉の精華を
           学外で初めて一挙公開
=====================================
 関西大学博物館の中核コレクションである本山コレクションは、明治後半から昭和初期まで大阪毎日新聞社長を務めた本山彦一(1853-1932)が収集したもので、19,000点に及ぶ考古学資料からなります。本山コレクションは、昭和7年(1932)に本山が開設した「本山考古室」に収蔵展示され、戦後、関西大学に移管されました。以後、関西大学博物館で展示公開されて学内の教育研究に活用され、平成23年(2011)には登録有形文化財(美術工芸部門考古資料)に登録されました。これまで学外では個別にしか展示されることのなかった本山コレクションを代表する考古学資料が、初めて学外で一堂に展示されます。

 今回の展覧会では、関西大学創立130周年を記念して、本山コレクションのなかから重要文化財、重要美術品に指定された資料を中心に公開し、本山彦一と末永雅雄、関西大学の考古学研究についても展示します。