2009年7月13日

同じ漢字を使っていても・・・

 今年度も4月にビジネス中国語講座が初級コース・中級コースとも開講しました。1994年に開講した人気講座で、ちょいわるパンダが講師を務める初級コースはおかげさまで満員となりました。中級コースはまだ定員に余裕があり、随時申し込みを受け付けています。ご関心の方は、国際部(TEL 06-6944-6400)までお問合せください!

 日本語と中国語は同じ漢字を使っているおかげで、そのままである程度は分かるものの、やはり外国語。同じ漢字でも意味が違ったり、表現方法が違ったりするものもあります。今日はいくつか例を挙げたいと思います。

(1)「走」は「歩く」
 例えば、「走zou3」。日本語では「走る」ですが、中国では「歩く」の意味です。

 大学時代、授業中につい漢字に引きづられて「走る」と訳して、先生から「君、1年生からやり直すか!」と厳しい言葉が飛んできたことがありました。(泣)

 中国でも古くは「走」は「走る」の意味だったものが、その後、「歩く」に変化した一方、日本では今でも古い意味のままで使われているそうです。

(2)しょうしん・じすべり
 掃除中の階段やお手洗いなどで見かける「小心地滑 (xiao3xin1 di4hua2)」の表示。「床が滑るので気をつけましょう」の意味です。

 「小心(しょうしん)」、「地滑り(じすべり)」とも日本語にもある言葉だけに、一瞬分かったような気になりますが、意味をよく考えると変ですね。

(3)冷やすのは「部屋」ではなく「空気」
 日増しに暑くなり、クーラーが手放せなくなってきました。日本語の「冷房」は、中国語では「冷気leng3qi4」。冷やすのは空気であって、部屋そのものではありませんから、中国語の表現の方が厳密です。

 お店の入り口にある「冷気開放(leng3qi4 kai1fang4)」は「冷房、効いてます」といった意味です。「効いてます」をなかなか「開放」とは訳せないですよねえ。発想が違うんでしょうね。

 あれこれ書きましたが、中国語を楽しく勉強したい方、お気軽に国際部までお問い合わせください。

のっぽパンダ

投稿者 panda | 2009年7月13日 09:24


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。