2008年4月14日

心に残ったお話シリーズNo.1

最近、聞いたスピーチや講演、会話の中から心に残った言葉をお届けします。

「子どもに夢を与えるために、大人ができること」

それは、生き生きとした姿を子どもにみせること。疲れている様子や、会社の愚痴をこぼす姿は、子どもの仕事に対する夢をしぼませてしまう。働くのってしんどそう、大人になるのは大変だなぁと思わせてしまう。

もちろん、仕事での疲れやイライラや、ストレスの発散法は別に探すとして、ポイントは、子どもにとって「かっこいい大人」でいること。お父さんやお母さんが、溌剌とした様子で仕事に向かう、楽しそうに会社のことを話す。

朝には、
「じゃぁ、お父さん、仕事いってくるな。会社ってとっても楽しいんだぞ」
「お母さん、今日も仕事がんばらなきゃ。とっても大切な会議で報告するのよ」

夜には、
「今日は会社で、すごーく大変なことがあったけど、お父さんがな、解決したんだよ。」
「お母さんのアイデアが、新しい商品に使われることになったのよ」

そうすれば、子供たちは働くことに夢を描く。自分も大人になって、お父さんのように、お母さんのように働きたいなぁと思う。

「子どもに夢を与える」という大きなテーマだと、具体的に何をすればいいかわからない。でも、楽しい姿をみせることなら、今日からでもできるかもしれない。そして、ふりをしなくても楽しく働いている、それを理想にしよう。

「夢を与える大人になろう」――――― 少し意識するだけで、子どもたちの前で自然と背筋がのびた。

不思議パンダ

投稿者 panda | 2008年4月14日 13:16


当サイトの運営・管理および情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の妥当性や正確性を保証するものではなく、一切の責任を負うものではありません。当サイトの情報を使用されたこと、またはご利用になったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありませんので、ご注意下さい。