よくあるご質問

会員の種類と資格について

事業をしていれば誰でも入会することができますか?
規模、業種を問わず、ご入会いただけます。
個人事業主ですが入会することはできますか?
ご入会いただけます。「個人会員」となりますので、1口1万円からご入会いただけます。
「法人会員」「団体会員」「個人会員」は何が違うのですか?
組織の形態により、会員の種類は「法人会員」「団体会員」「個人会員」の3つに分かれ、年会費1口あたりの金額が異なります。
・法人会員…株式会社や有限会社など法人格を有する商工業者
・団体会員…同業団体や医療法人、学校法人、税理士法人など
・個人会員…個人事業者や入会されている法人・団体の役員など
大阪市外からでも入会することはできますか?
特別会員としてご入会いただけます。同様に市内で勤務しておられるビジネスマンの方も、個人の特別会員としてご入会いただけます。
*「特別会員」とは、大阪市内で営業されていない商工業者や商工業者でない方で、部会の所属と議員の選挙・選任に関する資格がありませんが、事業・サービスは会員と同様に利用できます。
支社、支店や営業所でも入会することはできますか?
入会できます。
ただし、1社で複数の入会はできませんので、本社あるいは他の支社・営業所などですでに入会されている場合、さらに入会される必要はありません。
一部署として入会はできますか?
部署単位ではご入会いただけません。法人単位でご入会をいただいております。
親会社が大阪商工会議所の会員なのですが、子会社も会員資格を有することはできますか?
大阪商工会議所の会員資格は法人単位です。
別法人である子会社が会員資格を必要とされる場合は、別途ご入会ください。

入会手続きと会費について

WEBから入会申込みができますか
できません。印鑑が必要となりますので、書面での申込みとなります。
ただし、WEBから入会申込みのダウンロードは可能です。
直接、大阪商工会議所に出向いて手続きすることはできますか?
できます。本部、もしくは支部で行うことが出来ます。
入会に必要なものはなにですか?
入会申込書と法人印(個人の場合、個人の認印)と銀行印
自社が会員かどうか確認することはできますか?
可能です。大阪商工会議所にお問い合わせください。
他の商工会議所に入会しているのですが、大阪商工会議所に入会できますか?
できます。ただし、改めて大阪商工会議所への入会手続きが必要となります。
申込書の書き方を教えてください。
こちらをご覧ください。
年会費はどのように支払えばよいでしょうか?
口座振替によるお支払いをお願いしております(ただし、銀行振込によるお支払いも可能です)。
初年度の会費はいつ支払えばよいですか?
口座振替指定の場合は、入会月の翌々月28日にご指定の口座より振替させていただきます。(28日が休日の場合、翌営業日となります)
なお、1~3月入会につきましては、初年度のみ口座振替は承っておりません。 銀行振込指定の場合は、入会月の翌月28日までにお支払いください。いずれも、入会承認後に口座振替通知書あるいは会費請求書をご送付いたします。
年度途中に入会の際、初年度会費はいくらですか。
4月~9月にご入会の場合:会費金額の全額
10月~12月にご入会の場合:会費金額の1/2
1月~3月にご入会の場合:会費金額の1/4
(加入金、特定商工業者負担金は入会月に関わらず定額となります)
次年度以降の会費請求はいつですか?
毎年4月初めに、口座振替指定の場合は口座振替通知書を、銀行振込の場合は会費等請求書をご送付いたします。
※口座振替日4月28日(休日の場合は翌営業日)
次年度以降の継続更新手続きは必要ですか?
脱退のお申し出がない限り次年度へ自動継続となりますので、更新手続きは不要です。
年会費は経費に算入できますか?
加入金、年会費、特定商工業者負担金は、全額損金または必要経費に算入できます。
年会費はクレジットカードで支払いできますか?
会費の納入は銀行振込、口座振替でのお支払いをお願いしております。
年会費の振替はネット銀行でも受付可能ですか?
銀行によっては可能です。
受付ができるかどうかおよび受付可能な振替日については大阪商工会議所にお問い合わせください。
会費は消費税込みですか?
消費税はかかりません。

入会後の事業利用について

事業はどのように知ることが出来るのですか?
大阪商工会議所のHPで確認できます。
また、機関誌・Eメール、FAXでお知らせも行っております。Eメール・FAXをご希望の場合、入会申込書にご記入ください。
入会したらすぐに会員サービスは利用できますか?
常議員会での入会承認後、ご利用になれます。
入会承認前に事業・サービスのご利用を希望される場合は、事前にご相談ください。

特定商工業者制度について ( 詳細はこちら )

「会員」と「特定商工業者」の違いを教えてください。
「会員」は規模や所在地に関わらず、大阪商工会議所の目的に賛同し、自己の意思により任意に入会していただくものです。
一方、「特定商工業者」は商工会議所法で定められた制度で、自己の意思に関わらず基準を満たしていれば該当となります。
「特定商工業者」とはどのようなものですか?
毎年4月1日において、大阪市内に本支店、営業所、工場などの事業所を6ヵ月以上継続して有する商工業者のうち、次の(1)(2)のいずれか、もしくは両方を満たす方々です。
(1)大阪市内の事業所で常時使用する従業員数が20人以上(商業・サービス業は5人以上)
(2)資本金額または払込済出資総額が300万円以上
商工会議所は地区内の商工業の状況を把握し、各種事業の実施に役立てるため、特定商工業者の事業概要を登録した「商工業者法定台帳」を作成し、管理・運用することが商工会議所法で定められています。本商工会議所では本台帳の作成・管理・運用に要する経費に充てるため、特定商工業者に該当される方々に負担金(年額3,500円)の納入をお願いしています。
特定商工業者に登録されるとどうなるのでしょうか?
年一回、「商工業者法定台帳」をお送りし、事業概要のご登録や、すでにご登録いただいている内容の確認・訂正をお願いしています。
ご登録いただいた①名称②所在地③代表者④事業の内容⑤事業開始の年月⑥従業員数などのデータはコンピュータで管理し、国・地方公共団体に対する要望活動や、取引の照会・あっせん(承諾された方のみ)など、各種事業の実施に活用しています。
特定商工業者に該当されていますと、大阪商工会議所の「生命共済」「個人年金共済」にご加入いただけます。
また、特定商工業者負担金を納入いただきますと、①大阪商工会議所機関紙「大商ニュース」をお届けします(希望される方のみ)②大阪商工会議所1号議員の選挙権が得られます

その他

会員になると定期的な会合に参加しなくてはなりませんか?
そのような会合は特にありません。
大阪商工会議所は会員企業のビジネスをサポートする団体です。自身の都合にあわせて自由に利用ください。
大阪商工会議所及び支部はどこにありますか?
大阪商工会議所本部・中央支部:中央区本町橋2-8
北支部:北区西天満5-1-1 ザ・セヤマビル3階
東支部:都島区東野田町4-6-22 ニッセイ京橋ビル2階
西支部:西区立売堀4-2-21 銀泉阿波座ビル1階
南支部:天王寺区堀越町13-18 銀泉天王寺ビル5階

本HPの掲載されている数値・料金は2016年度の情報となります

今なら秋の入会キャンペーン実施中 平成29年10月~12月の新入会員様を対象に有料事業・サービス利用券1万円分プレゼント!更に今なら初年度会費が半額に!  有料事業以外に、無料事業も多数ご用意しております。詳しくは下記よりお問い合わせください。

お気軽にお問合せ下さい。お電話でのお問い合わせはこちらインターネットから申込書ダウンロードはこちらインターネットから入会資料のお請求はこちら