2019年09月14日 09:44

五代友厚メモリアルウィーク

こんにちは。あか吉です。

9月なかばというのに記録的猛暑が続いた今週。週後半になり、ようやく強い日差しの中にも秋らしい爽やかさが感じ取れるようになりました。

空を見上げると、どっしり構える入道雲が過ぎ去った後にすじ雲がひっそり現れ、駅のホームでは赤とんぼがゆったりと旋回。秋は確実に近づいていますね。

さて、9月25日は、大阪商工会議所の設立者であり初代会頭を務めた五代友厚の命日です。

当ミュージアムでは、この日をはさみ9月20日(金)から26日(木)まで『五代友厚メモリアルウィーク』を実施します(22日(日)、23日(月)は休館)。

期間中は、毎日先着20名様に「五代友厚ポストカード」を進呈するほか、五代友厚特設コーナーでは妻・豊子に宛てた手紙を一部公開。また、命日である9月25日(水)は入館料を無料にします!

企業家たちが残した82の名言・座右の銘をパネルで紹介する特別展も9月28日(土)までの開催中ですのでどうかお見逃しなく!

まだ当館へお越しいただいたことのない方、先人企業家たちの事業にかけた熱い思いと足跡にふれたい方、ぜひともご来館ください!

五代友厚メモリアルウィーク

http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201908/D25190920013.html

投稿者 museum | 09:44

2019年09月07日 16:33

ママ友との一泊旅行で企業家の作品に遭遇

こんにちは、りょく吉です。

9月に入り、ようやく真夏の暑さが和らいできました。日中はまだまだ蒸し暑いですが、夜になるとコオロギの音が聞こえます。秋の到来が待ち遠しいですね。

さて、皆さんは「ママ友」という言葉をご存じですか?子供を介して生まれるお母さん同士の友人のことです。りょく吉は、子供達の保育園時代から一緒に子育てに奮闘してきたママ友と毎年一泊旅行をしています。

旅行といっても家族のある身、なかなか遠出はできません。今年は8月下旬に大阪府河内長野市にあるあまみ温泉南天苑という老舗旅館で羽を伸ばしてきました。

行ってみて初めて知ったのは、こちらの旅館の建物が、日本銀行本店をはじめ近代日本を代表する建築物を数多く手がけた辰野金吾の手によるものであったことです!

辰野金吾は大阪企業家ミュージアム(第2ブロック)に展示している、大阪で活躍した企業家の一人。明治38年(1905年)、門下生であった片岡安とともに「辰野片岡建築事務所」を開設。

大阪株式取引所、南海鉄道難波停車場、大阪市中央公会堂など大阪を代表する建築物を手がけ、大阪の都市計画や景観の近代化に大いに貢献しました。

南天苑のホームページによれば、辰野片岡建築事務所が手掛けた堺市の大浜公園に娯楽保養施設「潮湯」の別館で家族向けの入浴・遊戯・休憩施設だった「家族湯」が、現在の南天苑本館として移築されたのだとか。

趣のある数寄屋作りの建物は、身も心もゆったりと包み込んでくれるような優しさに満ちており、りょく吉はすっかりリラックスして帰ってきました。

皆様も機会がありましたらぜひ一度お訪ねいただき、辰野金吾と片岡安が残した歴史的作品に触れてくださいね!

 ※ご参考「南天苑」→http://www.e-oyu.com/

南天苑.jpeg

投稿者 museum | 16:33