2018年07月14日 14:45

朝日新聞創刊140周年講演会を開催します!

こんにちは!あお吉です。
まだ7月半ばというのに体温を超える気温が続いています。体力の消耗が激し
いなと感じるあお吉ですが、高校球児にとっては、いよいよ熱闘甲子園!
炎天下での試合は、暑さとの戦いにもなるかと思いますが、どの学校もこれま
での成果を存分に発揮してほしいですね。

8月5日から始まる今大会は、第100回の記念大会。そして、主催する
朝日新聞社では、来年1月に「朝日新聞」創刊140周年を迎えられます。

そこで、大阪企業家ミュージアムでは、8月28日(火)講演会
「朝日新聞社の創業者・村山龍平の企業家精神と"美"への想い」
~朝日新聞創刊140周年~を開催します!
講師は、3月に中之島フェスティバルタワー・ウエストに開設された
中之島香雪美術館の臼倉館長さんです。

『香雪』は、朝日新聞社の創業者・村山龍平氏の号で、村山氏は、企業家として
の活躍はもちろんのこと、茶を嗜み、美術にも深い関心をもち、明治初期、美術
品の海外流出を憂いて、価値ある美術品の収集に力を注いだお一人です。

今回の講演会では、朝日新聞社の歩みとともに、企業家としての村山氏と
文化人としての"美"への想い、茶の湯を通じた大阪の財界人との交流なども
お話しいただきます。

大阪企業家ミュージアムでは、第2ブロック「新聞事業を開花させる」の
コーナーで村山龍平氏と上野理一氏を「朝日新聞」の基礎を築いた企業家として
ご紹介しています。
また、毎日新聞の中興の祖・本山彦一氏、産経新聞の創業者・前田久吉氏も
ご紹介していますので、講演会と見学とあわせてお楽しみください!


【講演会のご案内】お申込み受付中!
日 時:2018年8月28日(火)15:30 ~ 16:45(質疑応答を含みます)
    ※講演会終了後、ミュージアム職員による館内ガイド
     (16:45-17:05 自由参加)を実施。            
場 所:大阪企業家ミュージアム
テーマ:「朝日新聞社の創業者・村山龍平の企業家精神と"美"への想い」
     ~朝日新聞創刊140周年~
講 師:中之島香雪美術館 館長 臼倉 恒介 氏
参加費:無 料(但し、大阪企業家ミュージアムの入館料をお支払い下さい)
詳しくはこちらをご覧ください⇒http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201806/D25180828015.html


【特別展示のご案内】好評開催中!
「企業家たちの珠玉の名言」(7月31日まで)
 村山龍平氏・上野理一氏の名言も展示中!!

投稿者 museum | 14:45

2018年07月04日 19:46

「企業家デジタルアーカイブ」ってご存知ですか?

こんにちは、あか吉です。

7月に入り、いきなり30度を超える猛暑。関西の梅雨明けはまだなのに、台風も発生...。想定外の天候の変化に、身体がついていかないあか吉です(苦笑)。

さて、大阪企業家ミュージアムには企業家に関するさまざまな情報が蓄積されています。

105名の企業家をパネルとゆかりの品で紹介する「常設展示」、タイムリーなテーマで年に数回衣替えをする「特別展示」、企業家のインタビュービデオ「関西企業家映像ライブラリー」、さらには9000冊を超える社史・伝記の蔵書などなど。企業家をテーマに、多岐にわたる情報をご提供している全国でも他に類をみない施設です。

ところで、これら企業家ミュージアムがご提供しているサービスの中に「企業家デジタルアーカイブ」があるのをご存じでしょうか。

上述のとおり、企業家ミュージアムの常設展示では105名という限られた数の企業家しかご紹介できていません。明治以降、大阪を舞台に活躍された企業家はもっともっとたくさんおられます。また、パネル中心の常設展示だけでは情報量も限られています。

そこで、常設展示以外の企業家をご紹介するとともに、常設展示の企業家についてももっと深く知っていただこうということで、「企業家デジタルアーカイブ」というサービスを提供しています。

これは、企業家ミュージアムに設置するパソコンで検索・閲覧いただくサービスで、斯界の研究者が企業家お一人をとりあげ、「企業家の概要」「事績」「年譜」「企業家への出発点」「エピソード」「資料」という項目ごとに、写真をまじえ分かりやすくまとめている内容です。

常設展示企業家も含め、現在、123人の企業家をご紹介しています。

(詳しくはこちらから) http://www.kigyoka.jp/exh/digital.html

企業家についてもっともっと知りたいと考えている皆さん、このデータは必見の価値ありです。ぜひ、企業家ミュージアムにお足を運んでいただき、ご活用いただければと思います。

皆さまのご来館をお待ちしております!

投稿者 museum | 19:46